bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク・ワイモバイル、西日本豪雨の被災地向けにデータ容量の追加購入を無償化

ソフトバンク

ソフトバンク・ワイモバイル、被災地向けにデータ容量の追加購入を無償化

ソフトバンクとワイモバイルが平成30年7月豪雨で被災されたユーザーを対象に、8月31日までデータの追加購入料金を無償化すると発表した。

8月31日までデータの追加購入料金が無償に

データの追加購入料金の無償化は、ソフトバンクおよびワイモバイルのスマートフォン、タブレット、4Gケータイを利用するユーザーを対象に実施される。無償期間は2018年8月31日まで。

適用条件は平成30年7月豪雨により災害救助法が適用された地域に契約者住所または請求書送付先住所が所在するソフトバンクおよびワイモバイルのユーザー。手続きは不要で自動適用となる。

なお、KDDIグループのauやUQ mobile、BIGLOBEモバイルは10GBのデータ容量を追加または10GBまでの追加購入料金を無償化すると発表している。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2019/02/16
新型「AirPods 2」、黒色の発売濃厚?発売日は今春か

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/02/15
ようやく安価なサードパーティ製品解禁。AnkerがUSB-C & Lightningケーブルを3月発売

キャッシュレス

2019/02/15
「メルペイ」の使い方を解説。使えるお店、チャージのやり方、電話番号の変更も

NTTドコモ

2019/02/15
ついに中古スマホのSIMロック解除が可能に。ドコモが20日から開始
Recommendこんな記事も読まれています