bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、2016年の通信速度(実効値)を公表〜昨年の約1.7倍にアップ

NTTドコモ

ドコモ、2016年の通信速度(実効値)を公表〜昨年の約1.7倍にアップ

NTTドコモが、2016年10月から12月に全国10都市・1500地点で測定した通信速度(実効速度)を発表しました。

実効速度の公表は2015年から開始されたものでドコモは1年前に比べて下りの通信速度が1.7倍に向上しました。

ドコモ、理論値の通信速度アップとエリア拡大で実効速度が向上

最長値と最大値を切り取った25%〜75%の範囲において、下りの実効速度はAndroidが1.75倍〜1.83倍にアップ。iOSも1.59倍〜1.80倍にアップしました。また、上りの実効速度はAndroidが1.00〜1.38倍、iOSが0.90〜1.21倍となっています。

AndroidiOS
下り上り下り上り
最大値2383924739
75%1622814627
中央値1262311123
25%97188817
最小値27191

※単位はMbps

ドコモは2016年に新しい周波数帯の追加とキャリアアグリゲーションの強化によって国内最速の下り375Mbpsを含む300Mbps超の通信速度を充実化させ、「PREMIUM 4G」の対応エリアを拡大。

ドコモの独自調査では世界有数のトラフィックをほこる山手線全駅の実効速度が1年で約3倍に向上するなど、積極的な取り組みが実効速度の向上につながったようです。

ドコモ、2016年の通信速度(実効値)を公表〜昨年の約1.7倍にアップ ドコモ、2016年の通信速度(実効値)を公表〜昨年の約1.7倍にアップ

なお、昨年3キャリアが公表した実効速度ではドコモは真ん中の評価でした。今のところauとソフトバンクは2016年の実効速度を公表していませんが、ケータイWatchによればソフトバンクが2016年度内に公表する予定とのこと。比較結果がどうなるのか気になるところです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ

スマホアプリ

2018/12/15
ポケモンGO、19日から年末年始イベント開催。XP・アメ・ほしのすな2倍、ふかそうちは毎日配布
Recommendこんな記事も読まれています