bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、スマホ返却で機種代金の1/3が支払い不要になる「スマホおかえしプログラム」発表

NTTドコモ

ドコモ、スマホ返却で機種代金の1/3が支払い不要になる「スマホおかえしプログラム」発表

ドコモが新しいスマートフォンの購入方法として「スマホおかえしプログラム」の提供を6月1日から開始する。スマートフォンを36ヶ月の分割払いで購入して返却すると、機種代金の最大1/3が支払い不要になる。

条件は36回の分割購入とスマホの返却だけ。次回の機種変更は不要

「スマホおかえしプログラム」は、対象機種を36回の分割で購入した時に加入できるプログラム。ドコモが定める条件にもとづいてスマホを返却すると、最大12回分(25ヶ月目〜36ヶ月目相当)の分割支払金の支払いが不要になる。

例えば、機種代金が95,400円の「Xperia 1」を購入した場合、月々に2,650円の端末代金を36回支払うことになるが、24ヶ月目にプログラムを利用すると、残りの12ヶ月分・31,800円を支払わずに済むため、負担額は端末代金の2/3となる63,600円になる。

支払いイメージ

ドコモが定めるスマートフォンを返却するための条件は、故障や水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないことを満たす必要がある。条件を満たしていない場合は20,000円の故障時利用料を支払う必要があるが、ケータイ補償サービスに加入してれば2,000円に減額される。

なお、プログラムの利用にあたって回線契約の継続、auの「アップデートプログラムEX」やソフトバンクの「半額サポート」のような機種変更も必要ない。

利用条件は2つだけ

「スマホおかえしプログラム」の対象機種は機種代金が高額になるハイエンドスマートフォンに限定される。2019年夏モデルだけでなく、旧機種やiPhone 8以降のiPhoneも対象だ。

また、対象機種の購入と指定された料金プランとパケットパックに加入すると月額1,500円がずっと割り引かれる「docomo with」を適用したまま「スマホおかえしプログラム」を利用することも可能だ。その際は旧料金プランに加入し続ける必要がある。

「スマホおかえしプログラム」の対象機種

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2019/09/22
iPhone 11を買ったら設定しておきたいこと13のこと

Pixelの噂・最新情報

2019/09/21
Pixel 4、新色はまた変な名前「オーソーオレンジ」か

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11の操作方法・使い方まとめ

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11 Pro/Pro Maxの価格・料金を比較。最も安いキャリアは?
Recommendこんな記事も読まれています