グーグル、「Google Play Music」を日本でサービス開始!

bio
Yusuke Sakakura

グーグル、「Google Play Music」を日本でサービス開始!

グーグルがクラウド型の音楽サービス「Google Play Music」を本日より日本でもスタートさせたことを発表しました。

「Google Play Music」が登場したのは4年前の2011年で、提供地域を徐々に拡大させているものの、これまで日本では利用することができませんでした。

Google Play Music:5万曲をクラウドに保存可能、3,500万曲以上の楽曲を月額780円から提供

Google Play Musicは、CDやiTunesなどで購入したデジタル音源を5万曲までクラウドに保存でき、スマートフォンやタブレット、PCで楽しむことができます。

グーグル、「Google Play Music」を日本でサービス開始! グーグル、「Google Play Music」を日本でサービス開始! グーグル、「Google Play Music」を日本でサービス開始!

楽曲の再生は基本的にストリーミングとなるものの、事前にダウンロードしておけばオフラインでの再生も可能。再生した音楽を学習し、独自のアルゴリズムによって、よく聴く音楽から自動で作成されたプレイリストの提案など、その人にあった音楽もオススメしてくれます。これらの機能は無料で提供されており、Googleのアカウントさえ持っていれば誰でも利用が可能です。

さらに、月額980円の有料プランが提供されており、契約すると国内外のメジャーおよびインディーズが提供する3500万曲以上の楽曲を無制限に再生することができます。登録後の30日間は無料で利用することができ、2015年10月18日までに申し込むと、月額780円の特別価格で継続利用することができます。

Apple Musicと同じ海外発のサービスということで邦楽のラインナップが気になるところですが、ソニー・ミュージックやJVCケンウッド・ビクター、エイベックス、キングレコード、ワーナーミュージックなど多数のレーベルが参加しており、独自で調査したところ邦楽の配信ラインナップはApple Musicを上回り、AWAやLINE MUSICに引けをとらない形になっています。


Google Playミュージック

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています