bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/05/26 12:22
  • トップページ
  • iOS
  • iOS 12、NFCを大幅拡張か。開発者に非接触機能を開放へ
  • Appleが現地時間6月4日に開催する開発者向けのイベント「WWDC18」では4つの次期OSが発表される可能性が高い。そのうちの1つはiPhoneで利用できる「iOS 12」で安定性とパフォーマンスの改善に注力されると噂されているが、新たな情報としてNFC機能が拡張されると報じられている。

    iPhoneをかざしてホテルのルームキーや搭乗券として利用可能に

    The Informationによると、WWDC18での発表が予想される「iOS 12」でAppleは開発者により多くのNFC機能を提供しするようだ。これによってユーザーはより便利にNFCを使えるようになる。例えば、iPhoneをホテルのドアにかざしてカギやカードキーがわりに使ったり、iPhoneを改札にかざして飛行機に搭乗するなど交通機関でNFCが利用できるという。

    Appleは2014年に発売・リリースしたiPhone 6/iPhone 6 Plus、iOS 8でNFCを初めてサポートしたものの、開発者に公開されなかったためワイヤレスイヤホンなどBluetoothデバイスにタッチしてペアリングしたり、対応デバイスを近づけて画像や連絡先を交換するといった大半の機能は利用できずApple Payの支払い専用機能となっていた。

    iOSがNFCをサポートしてから3年後にリリースされた「iOS 11」で新しいフレームワーク「Core NFC」が実装され、ようやく開発者がNFCを利用可能になる。「Core NFC」を実装した専用アプリを起動してNFCタグにiPhoneをかざすとタグに書き込まれたデータを読み取り、例えば、ワインに貼り付けられたタグにかざすことで生産地や味などの情報を確認したり、美術館や博物館では展示物の情報確認することができる。

    しかし、「Core NFC」がサポートするのはNFCが持つReader/Writer・Card Emulation・P2Pのうち、Reader/WriterのみでCard EmulationによるApple Pay以外の決済サービスやP2PによるNFCに対応するデバイス間同士でデータを送受信するといった機能を開発者が利用することはできない。「iOS 12」ではCore NFCが拡張されてCard Emulationが開発者に開放されるようだ。これにより、現在は専用アプリを起動しなければNFCタグを読み込むことができない問題も解消するとみられる。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    iOSの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー