bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 12、OSの自動アップデート機能をサポートか

iOS 12

iOS 12、OSの自動アップデートに対応

Appleが2018年秋に正式提供を予定している「iOS 12」でOSの自動アップデート機能をサポートすることが明らかになった。iOSのアップデートにはセキュリティの脆弱性や不具合を解消する更新も含まれていることが多く、ついついアップデートを放置して設定アプリに通知のバッジを付けてしまう人に最適な機能だ。

システムを常に最新化できる「自動アップデート」機能

Appleは6月5日に開催した開発者向けのイベント「WWDC18」で「iOS 12」の新機能と変更点を発表した。イベントでは明らかにされなかったが、開発者向けに提供されているベータ版にてiOSの自動アップデート機能が含まれていると9to5Macが伝えた。

自動アップデート機能は設定の「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の中に項目を追加する形で提供される。「自動アップデート」をタップして次の画面でスイッチをオンにすると自動アップデートが有効になるようだ。

iOS 12、OSの自動アップデートに対応

ただし、自動アップデート機能はiOS 12のプレビューページでも明かされていないため詳細がわからない。設定画面の説明書きも“アップデートはiPhoneに自動的にインストールされます。”と書かれているだけだ。Wi-Fiに接続している必要があるのか、電源に接続されている必要があるのか、利用条件が変わった場合は?など自動アップデートが動作する条件も不明。

これまではアップデートを手動で行う必要があり、就寝中にアップデートするオプションが提供されていた。いずれもアップデートの内容を確認する必要があったが、自動アップデートを利用すればアップデートの内容を確認する必要もなくOSをアップデートできるのかもしれない。WWDC18ではiOS 11の提供から7週間で約半数のユーザーがアップデートを完了し、Androidの6%に対してiOSは81%の高いアップデート率を誇っているとアピールしたが自動アップデートによってその差がさらに広がりそうだ。

iOS 12、OSの自動アップデートに対応

注意したいのは「iOS 12」がベータ版の初期段階であること。2018年秋の公開が予定されているがパブリックベータ版でテストした結果不評だったり不具合等が見つかった場合は最終的に変更されない可能性もある。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2018/12/13
米Amazonで「Chromecast」が販売再開。近くプライムビデオの視聴に対応か

スマホアプリ

2018/12/13
Uber Eats、ガストの人気メニューが半額に。12月20日まで

iPhone 7

2018/12/13
BIGLOBEモバイル、iPhone 7を12月20日発売。価格は3.1万円から

アンケート

2018/12/13
中古スマホ、7割超が購入に抵抗あり。女性は「誰が持っていたかわからない」が抵抗理由
Recommendこんな記事も読まれています