bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/06/05 5:20
  • トップページ
  • iOS 12
  • 「iOS 12」ベータ版をインストールする方法
  • 「iOS 12」ベータ版をインストールする方法

    Appleが開発者向けのイベント「WWDC18」で2018年秋に配信予定の「iOS 12」を先行発表した。イベント直後には開発者に対してベータ版が公開されている。

    早速、iPhone/iPad/iPod touchに「iOS 12」ベータ版をインストールしたので画像付きで導入手順を詳しく紹介する。なお、iOS 12“>iOS 12の新機能・変更点はこちらの記事でまとめている。

    目次

    「iOS 12」に対応するiPhone/iPad/iPod touch

    当然ながら「iOS 12」をインストールするには対応するiPhone/iPad/iPod touchが必要になる。対応モデルは以下のとおり。iOS 11に対応しているモデルはすべてiOS 12にも対応する。

    • iPhone 5s
    • iPhone SE
    • iPhone 6/6 Plus
    • iPhone 6s/6s Plus
    • iPhone 7/7 Plus
    • iPhone 8/8 Plus
    • iPhone X
    • 12.9インチiPad Pro(第1、第2世代)
    • 10.5インチiPad Pro
    • 9.7インチiPad Pro
    • iPad Air/Air 2
    • iPad(第6世代)
    • iPad(第5世代)
    • iPad mini 2/3/4
    • iPod touch(第6世代)

    バックアップを取る

    ベータ版「iOS 12」をインストールしてから「iOS 11」に戻すと初期状態になってしまう。元の状態に戻すにはバックアップが必要になるためベータ版をインストールする前にかならずiPhone/iPad/iPod touchのバックアップを取っておく必要がある。以下の記事を参考にバックアップを取っておこう。

    デベロッパープログラムに登録

    ベータ版の「iOS 12」は年額11,800円のデベロッパープログラム「Apple Developer Program」に登録している開発者に提供されている。アプリを作る意思がなくても同プログラムに登録するだけで開発者になることが可能だ。

    「Apple Developer Program」には以下のリンク先から登録できる。数年前までは英語で案内されていたが、現在はすべて日本語に対応しているため迷うことなく登録できる。

    ベータ版「iOS 12」のダウンロード

    「Apple Developer Program」への登録が完了したら、ベータ版の「iOS 12」をダウンロードしよう。ベータ版のダウンロードおよび導入方法は二通り用意されている。

    1つはiPhone/iPad/iPod touchだけでベータ版「iOS 12」をインストールできるプロファイルを使った方法。もうひとつはMacやiTunesが必要になるリストアイメージを使った方法。この記事では両方の導入方法を説明する。

    プロファイルを使って「iOS 12」をインストール

    MacやWindows PCを使わず、iPhone/iPad/iPod touchだけで「iOS 12」をインストールしたい場合は「Configuration Profile」を利用するのがオススメだ。

    まずは、以下のリンク先からApple Developer Programにアクセスして「Configuration Profile」をダウンロードする。アクセスの際にはApple IDへのログインが必要だ。

    Fetured Downloadsの項目から「iOS 12 beta」を見つけて「Download」ボタンをタップする。確認ダイアログが表示されたら「許可」をタップしよう。

    iOS 12 betaのDownloadボタンをタップ 確認ダイアログが表示されたら許可をタップする
    プロファイルをダウンロードする

    プロファイルのダウンロードが完了したら設定画面が表示されるので画面右上の「インストール」をタップ。パスコードを入力したのち承諾画面が表示されるのでここでも画面右上の「インストール」をタップする。

    インストールをタップ パスコードを入力してインストールをタップ
    プロファイルをインストールする

    iPhone/iPad/iPod touchをインストールしたプロファイルを適用するには再起動が必要になる。確認ダイアログが表示されたら「再起動」を選択しよう。

    iPhoneを再起動してプロファイルを適用する
    iPhoneを再起動してプロファイルを適用する

    再起動が完了したら。設定にアクセスして「一般」→「ソフトウェアアップデート」に進むと自動的にiOS 12ベータ版のダウンロードが開始される。ダウンロードが完了したら「今すぐインストール」をタップしよう。

    設定画面で「一般」→「ソフトウェアアップデート」に進む 「ダウンロードとインストール」をタップする
    ベータ版のiOS 12をインストールする

    リストアイメージを使って「iOS 12」をインストール

    MacやWindows PCを使って「iOS 12」をインストールする場合はリストアイメージを使う。iTunesでバックアップを取ったらそのまま「iOS 12」をインストールすることが可能だ。

    まずは、以下のリンク先からApple Developer Programにアクセスしてリストアイメージをダウンロードする。アクセスの際にはApple IDへのログインが必要。

    Featured Downloadsの項目から「iOS 12 beta」を見つけてiOS Restore Imagesの右にある「See all」をクリックする。モデルごとに項目表示されるため自分が使っているモデルの横にある「Download」ボタンをタップするとリストアイメージのダウンロードがスタートする。400エラーなどでダウンロードできない場合はブラウザを変更してもう一度ダウンロードしてみよう。

    リストアイメージをダウンロードする

    リストアイメージをダウンロードする

    リストアイメージのダウンロードが完了したらMacまたはWindows PCにiPhone/iPad/iPod touchを接続してiTunesを起動する。MacならOptionキー、Windows PCならShiftキーを押しながら「アップデートを確認」をクリックするとファイルの選択画面が表示されるためダウンロードしたリストアイメージを選択する。

    リストアイメージを選択する

    リストアイメージをダウンロードする

    iPhone/iPad/iPod touchにリストアイメージをインストールするか確認画面が表示されるので「アップデートを確認」をクリックすればベータ版「iOS 12」のインストールがスタートする。

    iOS 12ベータ版をインストールする

    「アップデート」をクリックする

    ベータ版「iOS 12」からiOS 11に戻す

    ベータ版の「iOS 12」は正式リリースに向けて段階的に品質を上げていくため動作がかなり不安定だ。再起動や強制終了、フリーズなどを繰り返すため日常生活で使っているiPhone/iPad/iPod touchにインストールすることはおすすめできない。iOS 11に戻す方法は以下の記事で詳しく解説している。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    iOS 12の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー