iOS 14、パスワード管理機能を大幅改善か。2要素認証対応など

iOS

iOS 14、パスワード管理機能が大幅改善か。2要素認証対応など

今年秋に正式配信が予想される「iOS 14」で、OS標準のパスワード管理機能「iCloudキーチェーン」が2要素認証に対応するなど大幅にアップデートされるかもしれない。

パスワード使い回しに対する警告も

iCloudキーチェーンは、iOSとmacOSで利用できるパスワード管理機能だ。長いパスワードやクレジットカードなど記憶できないものをiPhoneやMacに覚えさせておくことができる。

記憶させた情報はiCloudを通じて個々のデバイスに共有され、実際にログインしたい時はパスコードや指紋認証、顔認証するだけでパスワードなどが自動入力される便利な機能だが、1PasswordやLastPassといった本格的なパスワード管理アプリに比べると圧倒的に機能が足りていない。

ただ、9to5Macによれば「iOS 14」の初期ビルドはiCloudキーチェーンの大幅な機能アップを示唆しているという。

1つはパスワードの使いまわしを警告する機能。具体的な機能内容は報じられていないが、おそらくサービスの新規登録時にパスワードを入力すると、iCloudキーチェーンに保存済みのパスワードと一致していないかを調べて使いまわしが見つかった場合はユーザーに警告を表示するのだろう。

パスワードは他と被らないようにした方が良いとわかっていながらも、覚えてられてないからという理由でパスワードを使い回す人は多い。LINEが昨年実施した調査によれば約半数もパスワードを使いまわしているようだ。

もう1つは待望の2要素認証の対応。

2要素認証はログインIDとパスワードの入力に加えて、1回しか使えない“認証コード”の入力が必要になるアカウントの乗っ取りなどに有効な認証方法だ。

一般的に認証コードは本人しか受け取れないが、SMSやメールで受信する方法はハッキングの可能性があるため安全性が低い。無料のiCloudキーチェーンが2要素認証に対応することで、より安全性の高い認証方法を多くのユーザーが利用できることになる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2021/02/25
auショップ等、LINE設定やデータ移行に2000円。有料の店頭サポート開始

au

2021/02/25
povo、23日開始。対応機種はiPhone 8以降、早期契約で家族割カウント

ポケモンGO攻略

2021/02/25
ポケモンGO、イオンとのコラボ終了。28日に全ジム削除

iPhoneの噂・最新情報

2021/02/25
iPhone 13、世界初5nmの5Gモデム搭載?電池持ち改善か
Recommendこんな記事も読まれています