iOS 15、初代iPhone SE/6sはアップデート不可?

bio
Yusuke Sakakura

iOS 15、初代iPhone SE/6sはアップデート不可?

例年、初夏に先行発表とベータ版の提供が開始され、秋に正式版がリリースされるiOS

大きな問題がなければ2021年は「iOS 15」がリリースされるはずだが、2015年9月に発売されたiPhone 6sシリーズと2016年3月に発売された初代iPhone SEについては最新のソフトウェアにアップデートできず、iOS 14が最後のOSアップデートになる可能性がある。

A9チップ搭載デバイスのサポートを終了か

iOS 14の対応機種を正確に予測したThe Verifierが、iPhone 6sシリーズと初代iPhone SEはiOS 15にアップデートできない可能性があると報じた。

アップデートが提供されない理由としてソフトウェアの進化についていけないハードウェアを挙げていることから3機種のiPhoneと同じA9チップを搭載する第5世代のiPadについてもiPadOS 15でサポート終了になるかもしれない。

いずれのデバイスも来年秋には発売から4年以上が経過するため、ソフトウェアアップデートが打ち切られても文句を言うユーザーは多くないはず。特にiOS 13で打ち切りと予想されていたiPhone 6sシリーズと初代iPhone SEは超長期的にサポートされている。

iOS 15の対応機種?
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone SE (2020)
  • iPod touch (第7世代)

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています