bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、複数の問題で120Hzディスプレイ搭載せず?

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、複数の問題で120Hzディスプレイ搭載せず?

今年秋発売が予想される新型iPhone(仮称:iPhone 12)の重要機能の1つとしてリフレッシュレート120Hzで動作する「ProMotionディスプレイ」の搭載が噂されていたが、最近になって搭載を危ぶむ声が聞こえてくる。

Appleは2017年に発売したiPad ProにProMotionディスプレイを搭載していることから大きな障壁はないように思えるが何が起きているのだろうか。

高評価の高リフレッシュレートディスプレイ

“リフレッシュレート”は1秒間に書き換える画面の回数を意味する。

iPhone 11シリーズなど多くのスマートフォンが1秒間に60回画面を書き換えるリフレッシュレート60Hzのディスプレイを搭載しているのに対して、GoogleのPixel 4は90Hz、SamsungのGalaxy S20シリーズは120Hz、シャープのAQUOS zero2は240Hzを実現。対応アプリや動画コンテンツでなめらかな映像が楽しめることから高く評価されている。

昨年の時点でiPhone 12シリーズのProモデルにもリフレッシュレート120Hzのディスプレイが採用されると報じられて期待が高まっていたが、最近になっていくつかの問題が報じられている。

iPhone x ProMotionディスプレイの問題

高い的中率を誇るJon Prosserによれば、Appleは消費電力の問題を抱えているという。画面を書き換える回数が最大で2倍に変化することで消費電力が上がることは容易に想像がつく。Appleは必要なシーンに応じてリフレッシュレートを変化させ、バッテリーを10%以上も増量するようだが、それで解決するかはわからない。

Max Weinbachはカラーキャリブレーションの問題を指摘。リフレッシュレート120Hzと有機ELディスプレイの組み合わせは扱いが難しく、Galaxy S20やOne Plus 8 Proではグリーンスクリーン問題が発生している。

ディスプレイアナリストのRoss Youngは、リフレッシュレート120Hzを実現するのであれば消費電力を抑えるために1Hz〜120Hzまで可変できるLTPOディスプレイが必要と指摘。さらに、2020年内にLTPOディスプレイを搭載するスマートフォンはSamsungの「Galaxy Note20+」だけであることからAppleは2021年までiPhoneにProMotionディスプレイを導入できないとレポートしている。

MacRumorsはiPad ProがLTPOディスプレイを採用せずにProMotionディスプレイを搭載したことを指摘しているが、BloombergのMark Gurmanは、iPad Proの液晶に対して、iPhone 12は有機ELで液晶よりもはるかに複雑としている。

消費電力、LTPOディスプレイ、カラーキャリブレーションといった複数の問題からAppleはProMotionディスプレイの搭載をiPhone 13シリーズに持ち越すかもしれない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2020/06/03
iOS 14、ようやくSafariに翻訳機能を搭載か

Android

2020/06/03
Google、ベータ版Android 11を誤って配信。新機能も明らかに

Android

2020/06/03
Android TV搭載、新型Chromecastの画像流出

楽天モバイル

2020/06/03
PR:RAKUTEN UN-LIMIT レビュー
Recommendこんな記事も読まれています