bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、画面内蔵型の指紋認証センサー搭載か

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、画面内蔵型の指紋認証センサー搭載か

2017年に発売されたiPhone Xで初めて採用された顔認証「Face ID」

iOSのアップデートもあって認証スピードは劇的に改善されたが、机に置いたまま認証することはできず、マスクを付けたまま画面ロックを解除できないなど、当初から指摘されていた問題点は解消されていない。

指紋認証「Touch ID」の復活を望む声も少なくないが、早ければ2020年に発売される新型iPhone(仮称:iPhone 12)で画面内蔵型の「Touch ID」が搭載される可能性があるようだ。

早ければiPhone 12に画面内蔵型のTouch IDを搭載?

Economic Daily Newsが公開した複数のレポート(1,2)によれば、Qualcommが開発した超音波指紋認証センサーを2020年に発売予定のiPhone 12で採用する計画があるという。

iPhone 12では、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3モデルラインナップになると噂されているが、そのうち1つに採用される可能性があるものの、2021年にずれ込む可能性もあるそうだ。

新型iPhoneに画面内蔵型の指紋認証センサーが搭載されるとの噂はこれまでに何度も報じられており、未発表のApple製品に関して確度の高い情報を提供するMing-Chi Kuoも早ければ2021年に搭載されるとレポートしていたことからそれなりの信ぴょう性はある。

Qualcommが大型の指紋認証センサーを開発

指紋認証には光学式と超音波式の2種類があり、SamsungのGalaxy S10シリーズなどには超音波式の指紋認証センサーが採用されている。

光学式は指紋を2次元で取得するのに対して、超音波式は指紋の深さも含めた3次元で取得するため、よりセキュリティ性が高くなる。MacRumorsは採用が噂される2020年または2021年までにさらなる高度な技術が開発される可能性も指摘した。

画面内蔵型の指紋認証を採用するにあたってディスプレイオフ時にセンサーの場所が目で確認できないことが懸念となる。HUAWEIやSamsung、OPPOなどはスマホを持ち上げるとセンサーを点灯するシステムを採用しているが、Appleはディスプレイ全体を指紋認証センサーとすることで解決しようと考えていることが特許情報からわかっている(実際に採用されるかは不明)

なお、QualcommはGalaxy S10に採用された画面内蔵型の指紋認証センサーよりも17倍も大きな30x20mmの新しいスマートフォン向けの指紋認証センサーを開発したことを発表している。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

インスタグラム

2019/12/08
インスタ、突然表記が英語になるバグ発生。日本語に直すには?

セール

2019/12/07
Kindle、過去最安値でサイバーマンデーに登場

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/07
iPhone 9、“8”と同価格または低価格で発売か

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ
Recommendこんな記事も読まれています