bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 8、電池持ち大幅向上の噂〜バッテリー容量40%アップか

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 8、電池持ち大幅向上の噂〜バッテリー容量40%アップか

これまで電池持ちが良いとされてきたiPhoneですが、英の消費者団体・雑誌「Whitch?」が、iPhone 7とAndroidスマートフォン3機種の電池持ちを比較したところ、iPhone 7が最悪の電池持ちを記録しました。

iPhone 7の電池持ちが悪い原因は他の機種よりもバッテリー容量が少ないことにあるとされていますが、今年発売される「iPhone 8」(仮称)ではバッテリー容量が40%アップすると報じられています。

iPhone 8、大容量バッテリーと有機ELで電池持ち大幅向上か

iPhoneのバッテリー容量が少ない原因は薄型のボディによって大容量のバッテリーを搭載できないことにありますが、iPhone 8では小サイズ化を実現した新しいロジックボードを搭載することで、従来比40%アップの大容量バッテリー(2,700mAh)を搭載するようです。

さらに、低消費電力に優れた有機ELを搭載することで従来比で30%の省電力化を実現。大容量バッテリーとディスプレイの省電力化によってiPhone 8では電池持ちの大幅改善が期待できそうです。

iPhone 7 – 4.7inchiPhone 7 Plus – 5.5inchiPhone 8? – 4.7inch
1,960mAh2,900mAh2,700mAh

A new report from KGI’s Ming-Chi Kuo indicates that the upcoming iPhone 8 will be about the same physical size as the 4.7 inch iPhone 7 and yet pack a much bigger battery, comparable to the 2700 mAH battery in iPhone 7 Plus.

電源が切れると利用できなくなる「Apple Pay」の欠点も解消か

iPhone 7にFeliCa(フェリカ)が搭載されたことでようやく日本でも「Apple Pay」が利用できるようになりました。

Suicaを持たなくてもiPhoneで改札を通れたり、財布がなくてもコンビニ、レストランなどでクレジットカードで支払いができる「Apple Pay」は生活に変化を与えるほど便利な機能です。

ただ、iPhoneの電池が切れるとApple Payがまったく動作しなくなるという欠陥とも言える欠点もあります。(Androidでは電源が切れてもおサイフケータイを使うことができます)

Suicaや財布は手放せてもモバイルバッテリーを手放せないわけですが、有機ELと大容量バッテリーによって電池持ちが大幅に向上すればApple Payを安心して使うことができ、サービスの普及にも良い影響があるはずです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2018/08/18
「iPhone 9」の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

セール

2018/08/18
24時間限定セール、「Gumy」シリーズのワイヤレスイヤホンが19%オフに

iPadの噂・最新情報

2018/08/17
Apple、9月のスペシャルイベントで新型iPhone・iPad Pro・MacBookを発表か

Twitterニュース

2018/08/17
Twitter、ストリームAPIの廃止は公式サービス等改善のためと説明
Recommendこんな記事も読まれています