iPhone SE4の発売は2023年?6.1インチに大型化、指紋認証廃止か

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/08/30 18:16

iPhone SE4の発売は2023年?6.1インチに大型化、指紋認証廃止か

Appleは今年3月に、最も手ごろな価格で購入できる「iPhone SE(第3世代)」を発売しました。

超高速通信の5Gに対応し、上位モデルのiPhone 13と同じ最新のチップを搭載するなどパフォーマンスアップした一方で、iPhone 8をベースにしたデザインが継続されています。

“iPhone SE4”ーーつまり第4世代のiPhone SEでは、指紋認証Touch ID内蔵のホームボタンを廃止して顔認証Face IDに移行するiPhone XRをベースにしたデザインが採用されるかもしれません。

売れないコンパクトスマホ。miniは今秋廃止か

iPhone XR

2018年10月に発売されたiPhone XRは、ボディに航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムとガラスを使用し、ホワイト・ブラック・ブルー・イエロー・コーラル・(PRODUCT)REDの6色がラインナップされました。

ディスプレイは“オールスクリーン”を謳うノッチ付きの6.1インチLiquid Retina HDディスプレイ(液晶)で、背面にはポートレート撮影が可能なシングルレンズのカメラが搭載されています。

iPhone SE(第4世代)がiPhone XRをベースにして登場するのであれば、同じボディと同じカメラ(機能は追加される可能性あり)、同じ画面サイズでカラーのラインナップを調整して登場するはずです。

内蔵するチップが最新のものに置き換わることで大幅なパワーアップを期待できますが、iPhone SEが小型のスマートフォンを愛用している人に向けたモデルとして登場したことを考えれば、画面が大きくなることを好ましくないと思う人もいるでしょう。

4インチのiPhone SE(第1世代)の発表時に使用されたスライド

ただ、動画の視聴やゲームの需要が伸びたことによって、買い替えの際に重要視される大画面と電池持ちで不利なコンパクトモデルが売れなくなっています。

そこでAppleは来週8日開催のスペシャルイベントで発表するiPhone 14では、iPhone SEよりも小さいminiモデルを廃止し、性能と価格を抑えたPro Maxと同じ巨大なディスプレイのiPhone 14 Maxを発売すると噂されています。

こういった流れを考えれば、iPhone SEの画面の大きさが4.7インチから6.1インチになっても不思議ではありません。

なお、今年秋に発売と報じられているiPad(第10世代)では、指紋認証Touch IDが廃止される噂があり、iPadのラインナップからTouch IDが消える可能性があります。それに次ぐようにiPhoneのラインナップからもTouch IDが消えるのでしょうか。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています