iPhone SEの「SE」の意味は、“Special Edition”

iPhone SE

iPhone SEの「SE」の意味は、Special Edition

iPhone 3Gは初の「3G」対応モデル、iPhone 4sは「Siri」、iPhone 5sは「Security」といったように、iPhoneのナンバリングには意味も添えられています。

本日発表されたiPhone SEの「SE」には、“Special Edition”という意味が込められているようです。

iPhone SEの「SE」は、Special Edition――「特別版」

Fortuneや、CNET、Mashableに寄稿するライターのJason Cipriani氏が、フィル・シラー上級副社長からiPhone SEの「SE」の意味が“Special Edition”――「特別版」であるとの回答を得たとツイートしています。


アップルは、本日開催されたスペシャルイベントで、多くの人が小型のスマートフォンを愛しており、4インチのiPhoneを利用する人が約4割存在し、特に中国では6割になると明らかにしました。

iPhone SEの「SE」の意味は、Special Edition iPhone SEの「SE」の意味は、Special Edition

アップルはiPhone 5で初めて大画面化を実施、iPhone 6で2回目の大画面化を実施してきましたが、小型化を実施するのは今回が初めてです。

最新の4インチiPhoneだった「iPhone 5s」は、発売から約2年6ヶ月が経過しており、性能に物足りなさを感じるものの、大画面のiPhone 6 / 6sには以降できない、そんな人に向けた「特別版」のようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2021/04/22
AirTag、持ち主から離れても3日間は音が鳴らないと判明

iOS

2021/04/22
iPadOS 15、ホーム画面を大幅アップデートか

iPhone

2021/04/22
楽天モバイル、iPhoneに正式対応。iPhone 6sも対応機種に

iPhone 12

2021/04/22
楽天モバイルのiPhoneはSIMフリー。最大2万円還元も
Recommendこんな記事も読まれています