bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE、1万円のAIスピーカー「WAVE」を7月下旬発売。5000円分のLINE MUSIC 無料チケット付き

LINE

LINE、1万円のAIスピーカー「WAVE」を7月下旬発売。5000円分のLINE MUSIC 無料チケット付き

LINEが7月14日12時00分からAIスマートスピーカー「WAVE」の予約販売をスタートした。7月下旬より順次発送される。

今回、予約販売がスタートしたのは機能が限定された先行体験版で価格は1万円。今秋の正式販売後に配信されるアップデートで正式版と同等の機能が利用できる。

AIスピーカー「WAVE」の予約販売開始、価格は1万円

WAVEは、LINEとNAVERが共同開発するクラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載するスマートスピーカー。

LINE、1万円のAIスピーカー「WAVE」を7月下旬発売。5000円分のLINE MUSIC 無料チケット付き

発表会では先行体験版は音楽に絞って利用できると案内されていたが、音楽のほかにも天気予報や時報、アラームの設定も利用できる。操作方法は「クローバー」と呼びかけたあとに「何か音楽を再生して」「この曲の曲名を教えて」「今日の天気を教えて」「明日の渋谷の降水確率は?」「いま何時?」「明日7時にアラームを鳴らして」と話しかけるだけ。

音楽機能は曲名やアーティスト指定だけではなく、その場の雰囲気やユーザーの気分に合わせて音楽を再生できる。

再生できる楽曲は月額960円の音楽配信サービス「LINE MUSIC」で配信されている約4,000万曲。WAVEには5,760円分の6ヶ月間チケットがセットになっているため新たにチケットを購入する必要はない。なお、LINE MUSICでダウンロード販売がスタートしたが、WAVEから購入できるかは不明。

WAVEは低音用の20Wウーファーと高音用の5Wツイーターを搭載することでフルレンジのステレオサウンドが楽しめるほか、優れたノイズキャンセリング技術を持つコネクサント者のマイクを備えることで5m離れた距離でも音声を認識できる。

5,000mAhのバッテリーも搭載されるためリビングはもちろん、寝室や書斎などに持ち運んで使用することも可能。WAVEはBluetoothスピーカーとして機能するため、スマートフォンと接続して音楽を再生することも可能だ。

LINE、1万円のAIスピーカー「WAVE」を7月下旬発売。5000円分のLINE MUSIC 無料チケット付き

WAVEの正式版は今秋に税込み15,000円で販売される予定。正式版の販売と同じタイミングでアップデートが配信され、ニュースの読み上げ、スケジュール管理、家電のON/OFF操作など赤外線コントローラーなどの機能が追加される。

先行体験版のWAVEはLINE FRIENDS STORE ONLINEで予約申し込みが可能。支払い方法はLINE PayでLINE Pay会員ならクレジットカードに加えてLINE Pay残高でも決済ができる。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの噂・最新情報

2018/08/18
「iPhone 9」の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

セール

2018/08/18
24時間限定セール、「Gumy」シリーズのワイヤレスイヤホンが19%オフに

iPadの噂・最新情報

2018/08/17
Apple、9月のスペシャルイベントで新型iPhone・iPad Pro・MacBookを発表か

Twitterニュース

2018/08/17
Twitter、ストリームAPIの廃止は公式サービス等改善のためと説明
Recommendこんな記事も読まれています