LINE、iOS 14のウィジェットに対応。デザインも大幅変更

LINE

LINE、iOS 14のウィジェットに対応。デザインも大幅変更

12月14日、LINEが最新版となるバージョン10.21.0をApp Storeで公開した。

今回のアップデートでは、Android版で先行提供されていた最大規模のデザイン変更が実施され、iOS 14の新機能であるウィジェットにも対応している。

ホーム画面で新着トークの確認可能に

バージョン10.21.0のLINEのアップデート内容は以下のとおり。

  • LINEアプリのデザインを全体的にリニューアル
  • LINEスタンププレミアムに、ダウンロードできるスタンプ・絵文字数が増加したデラックスコースを近日中に提供開始予定
  • 音声・ビデオ通話をリニューアル
    • 通話中のメニューをわかりやすく改善
    • 自分で作成したアバターをエフェクトとして使える機能を追加
    • バーチャル背景を使いやすいように改善
    • 通話中の友だちとYouTubeを視聴できる機能や、スマートフォンの画面を共有できる機能を追加
  • ピン留めしているトークの新着を表示するiOS ウィジェットを追加

デザインの変更は一部のタブではなくアプリ全体におよぶもので10年間で最も大規模となっている。

アプリ全体の配色、アイコン、フォントやレイアウトなど全てのデザイン要素が見直され、画面上部のヘッダーのネイビーを廃止された。また、LINEのシンボリックカラーであるグリーンの明度を上げるなどして1つ1つのコンテンツが際立って表示されて多くの情報をより得やすく、必要な情報にアクセスしやすくなっているとのこと。

デザインが大幅に変更されたLINE

デザインが大幅に変更されたLINE

また、今回のアップデートでiOS 14の新機能であるウィジェットに対応したことでLINEを起動することなくピン留めしているトークの新着を確認できる。トークの内容は確認できず新着トークが届いた相手のアイコンが表示されるのみ。また、LINEアプリにパスコードを設定している場合はアイコンが表示されない。

ウィジェットをホーム画面に追加する手順は以下のとおり。

操作手順
  • 1. ホーム画面の余白を長押しする
  • 2. 左上に表示される「+」をタップ
  • 3. 追加したいウィジェットをタップする
  • 4. 画面を左右にスワイプしてサイズを選ぶ
  • 5. サイズが決まったら「ウィジェットを追加」をタップ
  • 6. ホーム画面に追加されたウィジェットを好きな場所に移動する
    • 複数のウィジェット(最大10個まで)を重ねることでフォルダ化できます

LINE、iOS 14のウィジェットに対応。デザインも大幅変更

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iOS

2021/04/22
iPadOS 15、ホーム画面を大幅アップデートか

iPhone

2021/04/22
楽天モバイル、iPhoneに正式対応。iPhone 6sも対応機種に

iPhone 12

2021/04/22
楽天モバイルのiPhoneはSIMフリー。最大2万円還元も

iPhone 12

2021/04/22
速報:楽天モバイルがiPhone発売。価格はキャリア最安値に
Recommendこんな記事も読まれています