LINE、アプリデザインを大幅変更。ネイビーのヘッダー廃止など最大規模に

bio
Yusuke Sakakura

LINE、アプリデザインを大幅変更。ネイビーのヘッダー廃止など最大規模に

12月8日、LINEがバージョン10.21.0でアプリ全体のデザインを大幅に変更したことを発表した。2011年6月の提供開始以降、最大規模のリニューアルとなる。

大幅にデザインが変更されたLINEアプリは、すでにGoogle PlayストアからAndroid版が入手可能。近日中にiPhone向けにもリリースされる。

シンプルさを追求した新デザイン

サービス開始から10年目を迎えたLINEアプリのデザイン変更はアプリ全体におよび、10年間で最も大規模になるとのこと。

デザイ変更のテーマは「Simple, Wide and Bright」で、アプリ全体を通して一貫した心地良い体験を提供できるよう、シンプルさを追求したという。

具体的にはアプリ全体の配色、アイコン、フォントやレイアウトなど全てのデザイン要素を見直し、画面上部のヘッダーのネイビーを廃止、シンボリックカラーであるグリーンの明度を上げるなどして1つ1つのコンテンツが際立って表示されて多くの情報をより得やすく、必要な情報にアクセスしやすくなっている。

ホームタブ

変更内容
  • プロフィールを最上部に表示
    • iOS版では設定アイコンが画面左上から右上に変更

ホームタブ

トークタブ

変更内容
  • 各トークの表示サイズを改善
  • 友だち名・グループ名・公式アカウント名も太字にしてトークを探しやすく、見やすく改善
    • iOS版では並び順を変更するメニューが中央から左上に変更。削除・非表示を行う編集は画面左上から右上に

トークタブ

タイムラインタブ

変更内容
  • ネイビーのヘッダーを廃止して1つ1つのコンテンツが際立つように

タイムラインタブ

ニュースタブ

変更内容
  • よりシンプルで統一された世界観で情報取得が可能に
    • iOS版ではメニューアイコンが左上から右上に変更

ニュースタブ

ウォレットタブ

変更内容
  • フォントデザインやサイズが調整されてアカウントの情報がより見やすく

ウォレットタブ

トーク画面

変更内容
  • 画面上部のネイビーを廃止して背景の範囲を上部まで拡大

トーク画面

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています