Rakuten Mini、W-CDMA Band Iも非対応に

bio
Yusuke Sakakura

Rakuten Mini、W-CDMA Band Iも非対応に

楽天オリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」の対応周波数帯に仕様変更があったことを発表していた楽天モバイル。

LTEの対応周波数帯のみ変更があったとお詫びしていたが、新たにW-CDMAにも仕様変更があったことを明らかにしている。

国際ローミングで影響アリ

楽天モバイルの発表によると「Rakuten Mini」には対応周波数帯の異なる3つのロットが存在するという。

W-CDAMにおいては元々はBand I/VI/XIXに対応していたが、Band I/V/VI/XIXに変更。さらに、Band IV/V/VI/XIXに変更になったという。

ロットごとの対応周波数帯をまとめると以下のとおりになる。製品番号は「Rakuten Mini」の設定画面の端末情報→IMEIから確認可能だ。

Rakuten Miniの対応周波数帯
  • 製品番号(IMEI)が351676110356708以前の製品
    • LTE Band 1/3/18/19/26/28/41
    • W-CDMA Band I/VI/XIX
  • 製品番号(IMEI)が351676110356716〜351676110680487
    • LTE Band 1/3/5/18/19/26/28/38/41
    • W-CDMA Band I/V/VI/XIX
  • 最新の製品
    • LTE Band 3/4/5/18/19/26/28/38/41
    • W-CDMA Band IV/V/VI/XIX

楽天モバイルは国内において3Gサービスを提供していないが、海外ではW-CDMA Band Iでサービスを提供している事業者も多く存在するため、国際ローミングを利用する際には注意が必要。

また、「Rakuten Mini」はSIMフリーであることから楽天モバイルではなく別のeSIMサービスを利用する人も存在するが、同バンドで通信できないことになる。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています