bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

スクショも著作権侵害の対象に?早ければ来年から

ニュース

スクショも著作権侵害の対象に?早ければ来年から

現在の著作権法では著作権を侵害していると知りながら音楽または動画をダウンロードした場合、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が課せられる。

従来は音楽と動画に限定されていたが、漫画村など海賊版サイトによる被害が深刻になったことを受けて著作権法改正の議論が開始。先日、スクリーンショットもダウンロード規制の対象に含まれた著作権法の改正方針が示された。

悪質な場合は刑事罰の対象に

今回の改正方針は著作権を侵害するコンテンツのダウンロード規制の対象を大幅に拡大するもの。音楽や動画だけでなくマンガや小説、論文、写真などすべてのコンテンツが規制の対象になり、今国会に改正法案が提出されて可決されれば来年にも施行される。

もう1つ重要なのはダウンロード規制にはPCやタブレット、スマートフォンでカンタンに画面を保存・記録できるスクリーンショットも含まれるということ。その手軽さからTwitterやLINEなどSNSで共有されることも多いスクショも対象になる。

また、朝日新聞によれば、海賊版サイトからのダウンロードや原作の複製、権利者に実害がある場合、反復行為などの悪質な行為は刑事罰の対象となり罰則が付けられるとのことだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2020/10/27
AirPods Studio、ヘッドバンドに問題発生で延期。交換不可に?

AirPods

2020/10/26
AirPods 3、短いステム(うどん)に変更か。AirPods Pro 2はステム廃止の噂

NTTドコモ

2020/10/26
ドコモ、2020-2021冬春モデルを11月5日に発表。Xperia 5 IIなど登場か

iPhone 12

2020/10/26
MagSafe充電器、ケースに跡が付く可能性。人気のウォレットケースは外す必要あり
Recommendこんな記事も読まれています