bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2万5000円で買えるWindowsタブレット「VivoTab Note 8」が登場!しかもOffice付き!

ニュース

VivoTab Note 8:2万5000円で買えるWindows 8.1タブレットが登場!しかもOffice付き!

明日2月21日に発売されるASUSのWindows 8.1搭載タブレット「VivoTab Note 8」の予約受付がAmazonでスタートしました!

VivoTab Note 8:Officeとスタイラスペン付きのWindows 8.1タブレットが2万5000円切り!

VivoTab Note 8」は、ディスプレイに8インチの1280×800ピクセルを搭載し、カメラに500万画素、CPUにクアッドコア・1.8GHz、RAMに2GB、保存容量(ROM)に64GBを備えたWindows 8.1タブレット。1000段階の筆圧に対応したスタイラスペンも付属されています。

液晶はコストが低く、視野角の狭いTN方式ではなく、視野角の広いIPS液晶を採用しているのも安心。

VivoTab Note 8」の販売価格はAmazonで2万6784円となっていますが、今なら9%オフで2万5000円切りとなっています。

この低価格ながら、Word、Excel、PowerPointが使える「Office Home&Business 2013」もついてます。「Office Home&Biz 2013」の販売価格が約3万7500円と本体価格を超えていることを考えるとただの低価格ではないことがわかるかと思います。

安さの理由は0円の「Windows 8.1 with Bing」

なぜここまで安いかと言うと、実は搭載されているOSがWindows 8.1ではなく、「Windows 8.1 with Bing」だから。

「Windows 8.1」との違いは、Internet Explorerの検索エンジンがマイクロソフトのBingに設定されていることだけ。もちろん、検索エンジンを変更することも可能ですし、別のブラウザを利用することも可能です。

Windows 8.1 with Bingは、タブレットのインチ数ごとに価格が異なりますが、9インチ未満はなんと0円。つまり、メーカーはハードウェアやパッケージングなどのコスト+利益分だけで提供できるため、「VivoTab Note 8」のような格安タブレットが実現できるというわけ。

ユーザー側としても、たったそれだけの違いでWindows 8.1タブレットを2万5000円切りで手に入るのは嬉しい。Windowsタブレットの入門機や艦これ、別途キーボードを購入してOffice用に使うというのもありかもしれません。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/20
ドコモ、MNPの「iPhone X」を一括価格1.5万円に値下げ

iPadの噂・最新情報

2018/10/20
新型iPad Pro(2018)の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

ニュース

2018/10/19
ファミリーマート、スマホのバーコード決済に対応へ〜LINE Payなど6種類

Apple Watch

2018/10/19
MacBookでの充電に最適な「Apple Watch磁気充電 - USB-Cケーブル(0.3m)」が発売
Recommendこんな記事も読まれています