bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 携帯電話に私的録音録画補償金は適用されず。
  • 携帯電話に私的録音録画補償金は適用されず。
    以前「iPodやPC、携帯電話などが録画補償金の対象に?」とお伝えしましたが、携帯電話やパソコンは「主な用途が録音・録画とはいえない」として課金の対象にはなりませんでした。

    明らかに2重課金。携帯電話にかからなくても・・・。

    フジサンケイビジネスアイ 総合/iPodも著作権料上乗せ 携帯は見送り 文化庁方針

    この記事によると、文化庁ではDVD専用レコーダーなどの販売価格に、著作権料に当たる補償金を上乗せしている著作権保護制度の対象として「iPod」などの携帯音楽プレーヤーやハードディスク内蔵型の録画機器を加える制度改正案を決めたとのこと。課金する予定だったPCと携帯電話は主な用途が録画や録音とは言えず、課金の対象外としました。

    とにかく良かったです。課金価格が商品価格の数%ということで高額な携帯電話では何千円と徴収される事になりますからね。

    iPodやPC、携帯電話などが録画補償金の対象に?
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    3件のコメント
    • No.3758

      HDDもオーディオプレイヤーも二重課税になるだろ…
      文化庁は無能な古老の集まりなのかよ

    • 匿名
      No.3759

      なんでもかんでも金せびりやがって

    • 匿名
      No.3760

      残念ながら、世の中のお偉いさんは年寄りばかりだからな。
      たいして分かってないのに居座っていやがる無能ばっかり。空気読んでどきゃあいいのに。。。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー