bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • iPodやPC、携帯電話などが録画補償金の対象に?
  • iPodやPC、携帯電話などを録画補償金の対象に?
    JASRACなど著作権者側の87団体が文化の重要性を訴え、私的録音録画補償金制度の堅持を求める運動「Culture First」の理念とロゴを発表しました。

    これに伴って、権利者側は「iPodなど携帯オーディオ、PC、携帯電話、カーナビ、Blu-ray Disc、HD DVD、HDDなどを補償金の対象にすべき」と訴えていくそうです。

    携帯電話がまたさらに値上げ?

    私的録音録画補償金制度とは、本来は私的使用を目的とした個人、または家庭内での複製については著作権法でも認められますが、デジタル方式で録音、録画する場合に於いては、一定の割合で補償金を徴収し、著作権権利者への利益還元を図ろうとするものです。

    MDやCD-R、DVD-Rなどのデジタルメディア、機器には、補償金が販売価格に上乗せされていますが、購入時に無自覚のうちに支払っていることがほとんどでしょう。(Wikipedia

    今、この制度の改正を行うために著作権者団体が色々と動いてるわけですが、ITmediaによると今回「iPodなど携帯オーディオ、PC、携帯電話、カーナビ、Blu-ray Disc、HD DVD、HDDなどを補償金の対象にすべき」と訴えました。

    携帯オーディオ、パソコン、携帯電話さらにはカーナビにもなんて本当に正気なんでしょうか?保護に重きを置きすぎてこれから生まれて来る産物や経済に対しての気遣いがなさすぎではないでしょうか?

    携帯オーディオは音楽を聴く機器であるため、権利者が管理している音楽をそれに落とさないなんてことはないと思うんですが、パソコンやカーナビ、携帯電話なんて音楽や動画を見ない人もまだまだいます。使用しない人がいるのに課金の対象にするなんておかしくないですか?HDDなんてパソコンなどの他機器が無ければ何もできない機器ですよ?例えるならば「時計の長針と短針、秒針それぞれに課金して時計にも課金しよう!」ってなもんです。

    それにCDを買う時に保証金を払い、パソコンに取り込むためパソコンを買う時に保証金を払い、iPodに曲を入れたいからiPodを買う時に保証金を払い、カーナビや携帯電話で音楽を聴きたいからカーナビを買う時に保証金を払いって何回保証金を払えばいいんでしょうか?保証金の額は決して高くはありません。しかし、これだけ重複してしまうと結構な額になります。

    それに、これだけの保証金を支払ってるにも関わらず「コピーワンス」などの規制がまだまだ存在します。

    「文化が経済至上主義の犠牲になっている」というコメントが権利者側から出るなんて驚きですね。犠牲にしてるのはどちらなのかもう一度良く考えましょう。「受け取る補償金の額が激減し、権利者の保護レベルが急激に低下した。危機的状況にある」というコメントもCD等がこれだけ売れなくなったんだから保証金の額が激減するのは当たり前でしょう。3000枚売れただけでオリコン15位~20位にランクされる時代になったんですから。

    「受け取る補償金の額が激減し、権利者の保護レベルが急激に低下した。危機的状況にある」この発言ですが、CDの売り上げが激減したこと照らし合わせると「(CDが前より売れなくなったため)受け取る補償金の額が激減し、権利者の保護レベルが(創作力も)急激に低下した。(権利者団体が)危機的状況にある」ということになります。

    今回の発表は墓穴を掘りすぎてなんかまともに聞けませんね^^;

    違法着うたのダウンロードも違法化へ。
    http://mobilelaby.com/blog-entry-1133.html

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    15件のコメント
    • ゆうた
      No.1927

      音楽を聞くためとは限らない携帯から金とるって何考えてるんでしょうね?
      バカなんでしょうか。カスラックは。

    • ふむれ
      No.1928

      金を巻き上げるためだけに存在しているとしか思えない。なぜ金ではなくコピー防止や販売促進を進めない!

    • 匿名
      No.1929

      同感です。

    • 17歳
      No.1930

      つまり学校の放送機器、目覚まし時計、カーナビとかにも課徴するって事になりかねませんよね
      まじ世間に貢献すると言う本来の精神を失っている気がします。まじやめて欲しい

    • 匿名
      No.1931

      他にやるべき事があるでしょう……

    • casluck
      No.1932

      ガソリン税と称して車に課金しますか?集金がうまくいかないからってやけおこすな。
      CD売れてないんだからおまえらの懐が淋しくなるのは当たり前だろ?足し算引き算できないんですか?
      四年に一度しか保証金分配のための流通調査しないくせに文化を守るとかいうな。

    • 匿名
      No.1933

      そのうちスピーカーやイヤホン・BlueToothにもタカってくるんじゃないですか?ww

    • 羅神
      No.1934

      金に貪欲なクソ共が、と言いたい。
      つまり何ですか。貧乏に音楽や映像を聞いたり見たりする資格はないってか。
      最低だ。人に役立てたいんならもっと値段下げろよ。

    • 匿名
      No.1935

      もし実現されるとしても、コピー規制は全廃してもらわんと割りに合わんですわな
      何重にも後だし的に、フライング的にかすめ取っておきながら、
      依然としてユーザーにとって不利便性だけは遺すなんてねぇ…
      しかし音楽以外のデータも保存できるメディアに課金し始めたら、
      ほかの映画といった権利団体も黙っちゃいないでしょうね
      どうすんでしょうね
      既にメディアに何重にも金を支払ってんだから、
      違法コピーを公然としようが権利者は困らんだろ
      まあ、そんなユーザーがますます増えないといいけどね

    • 匿名
      No.1936

      日本の崩壊はじまた\(^o^)/

    • 匿名
      No.1937

      もうなんだか必死すぎて哀れになってきますね。
      なんでも課金してそれでもっと売れなくなって日本文化が廃れても気づかないんでしょうね。このボケ老人たちは

    • 匿名
      No.1938

      私的録音録画制度は私は賛成です。
      Culture First運動の中心敵存在のCISAC(著作権協会国際連合)の事務局長エリック・バディストが
      「補償金はしばしば“課徴金”“税金”などと読み替えられ混乱が広がっているが、実際には課徴金でも税金でもない。合理的で押しつけがましくなく、安価に合法な私的複製ができる制度だ。」
      といっているらしいです。
      これで、PCや次世代DVDに保証金制度が適用されればコピー10や1世代のみしかコピーできないといったコピー制限が撤廃されるのではないでしょうか。

    • 携帯総合研究所管理人@xeno
      No.1939

      私的録音録画補償金制度に対しては僕も賛成です。
      しかし、保証金は現在でも支払われていますが、規制はどうでしょうか?全くとは言いませんが全然解除されていないのが現状です。だから、保証金の幅を広げたからと言って規制が緩和または解除されるとは思えないんですよね。
      規制緩和または全面解除を前提とした私的録音録画補償金制度には賛成です。

    • 匿名
      No.1940

      管理人様、2度目のコメント失礼します。
      先ほどのコメントでは誤字脱字見苦しい所があってすみません。
      ”私的録音録画制度”は”私的録音録画補償金制度”、”中心敵存在”は”中心的存在”の誤りです。
      管理人様は規制の解除が本当に行われるのか危惧しているということですがその点では私も同意見です。
      音楽CDのcccdのようにMDやCD-Rに補償金を上乗せしているのにさらに規制をかけることをしているわけですしね。
      cccdはすぐに解除の方向に向かいましたがダビング10の方はどうもなかなか解除の方向に向かいそうにありませんね。
      権利者側の団体は補償金とダビング10両方の維持を主張しているらしいですからね。
      私はダビング10の動向については2011年以降の動きに注意したいと思っています。
      消費者の中には2011年のアナログ放送からでデジタル放送への完全移行に合わせてデジタルのテレビや録画機器を買おうと考えている人が多いと思います。
      そこで、買ってみてダビング10の規制のことをはじめて知ることになるわけです。
      より多くの人に規制の事実を知られることにより問題がとりあげられそこからどう展開していくのかそこが鍵だと思います。
      cccdが失敗したのは音楽CDがほとんどの消費者に受け入れたれていたためすぐに問題が大きくなったためだと私は認識しています。
      なので、それと同じようにデジタル録画機器がより多くの消費者に広がる2011年が規制解除に向かうかどうかの起点になるのではないでしょうか。

    • 匿名
      No.1941

      87もの団体が要求してきたのでしょう。文化庁の天下り先を確保するための施策だと思います。こりませんね。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー