bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • ソフトバンク「0円」宣伝に警告、ドコモとauには注意
  • 公正取引委員会は、12月11日、ソフトバンクの「通話・メール0円」などという広告表示について、景品表示法違反の恐れがあるして警告した。
    ドコモとauの広告に対しても、同法違反で注意した。

    ソフトバンクモバイルは、「通話0円」「メール0円」「端末全機種0円」などととする言葉を使って新聞などで宣伝を展開していた。
    しかし、通話やメール、携帯端末を無料で購入するにはさまざまな条件や契約を交わさなければならず、その条件や契約基準を表示する注意書きが小さく書かれていたため、同委員会は「公正な競争を阻害するおそれがある」と判断し警告した。

    ソフトバンクは11月2日に、注意書きの文字の大きさの変更や、テレビCMから無料をほのめかす文字の削除などの対応策をとっていた、警告に対しては「厳粛に受け止め、今後とも分かりやすい表示を行うよう務める」とコメントしている。

    ドコモに対して同委員会は、「ファミ割ワイド」「2カ月くりこし」の新聞広告やテレビCMが消費者の誤解を招く恐れがあるとみなして注意。auに対しては「MY割」「無期限くりこし」の新聞広告や車内広告の条件の記載が分かりにくかったとして注意した。


    ユーザーが気をつけて注意書きを読むべきだとも思いますが。
    通話やメールが0円になるには条件があると思うのが普通ではありませんか?
    ましてや、端末が0円で買えるなんてことは絶対ありえません。

    なんで0円で買えるのか、利用できるのか?と考えるのが普通では無いでしょうか?

    他の2キャリアに対しての注意はCMを詳しく見ていないのでなんともいえませんが、両広報部のコメントです。

    ■ドコモ広報部
    「真摯に受け止め、よりわかりやすい適切な表示にしていきたい。これまでも行なってきたことだが、景表法や自主的な基準をあらためて見直し、同じようなことがないようにしていく。現在展開している広告については、今後どのように取り扱うか検討するとしている」

    ■KDDI広報部も「内容を真摯に受け止め、ユーザーに対してわかりやすい表示に努めていく」
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー

    まだデータがありません。

    今週の人気エントリー