bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • au
  • au、2010年度は減収増益。夏モデル発表会は予定通り5月に開催。

  • KDDIが2010年度の決算発表会を開催しました。2010年度は固定通信事業が好調で減収増益となったようです。

    また、KDDI代表取締役である田中孝司氏は、2011年度はauのモメンタムを回復することを目指し、スマートフォンへの取り組みを明確にするという方針を示しました。

    2011年はスマートフォンに注力。

    KDDIの2010年度決算は減収増益、戦略はスマートフォンにシフト – ケータイ Watch

    移動体通信事業の業績は減収減益となり、端末の購入時に割り引きが効くフルサポートコースから毎月の利用料金が安くなるシンプルコースへの移行が増加していることからARPUが減少したことや800MHz帯の周波数再編による移行関連費用などからここ2年間は厳しい状況にあるようです。

    2010年度の端末販売台数は、1157万台でこの内109万台がスマートフォンだったとのこと。2011年度の端末販売台数は1210万台を見込んでおり、この内スマートフォンは400万台で販売台数の33%を目標にすると発表。

    2011年度はスマートフォンへ機種変更したユーザーのARPUが上昇しているというデータを元にスマートフォンの販売台数を大幅に増やし、減少しているARPUを上昇させる狙いを示し、2011年度に販売される端末の半分をスマートフォンになることをアナウンスしています。

    販売されるスマートフォンは赤外線通信機能やワンセグ、おサイフケータイといった日本独自の機能を搭載したハイエンドモデルやWiMAXをサポートしたモデル、そして海外でも販売されているグローバルモデルといった幅広いラインナップを提供していくようです。

    ちなみに、2011年の夏モデルは予定通り5月に発表するとコメントしています。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    auの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー