bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 東芝、携帯電話事業から撤退へ。

  • 読売新聞は富士通が昨年10月に東芝と設立した「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」を2012年にも完全子会社化する意向を明らかにしたと報じています。

    au向けの携帯電話も富士通から供給へ。

    情報元:東芝、携帯電話事業から撤退…富士通へ売却 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

    現在、富士通は「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」の80.1%を出資、残りの19.9を東芝が保有していますが、この東芝保有分を富士通が東芝から買取り完全子会社化し、東芝は携帯電話事業から撤退することとなります。

    また、富士通としてNTTドコモ向けの端末を、富士通モバイルコミュニケーションズとしてau向けの端末を開発していましたが、双方を合併しコスト削減を図るとのこと。

    ついに東芝まで携帯電話事業から撤退しますね・・・。ちなみに、携帯電話事業からの撤退は三菱、三洋電機に引き続くものとなります。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー