bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • iPhone5の影響でソフトバンクが30万オーバーの純増数を記録!
  • iPhone5の影響でソフトバンクが30万オーバーの純増数を記録!
    TCAが2012年9月度の携帯電話・PHSの契約数を公開しました。

    9月はiPhone5の発売もあって各社ともに大きな変化が見られました。
    情報元
    事業者別契約数(2012年09月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

    純増数トップとなったのは32万200件を記録したソフトバンクモバイル、いち早くiPhone5にテザリングを提供したauは22万4900件と健闘したものの、ソフトバンクモバイルを抜くことはできませんでした。

    唯一iPhone5の販売を手がけていないドコモは3位となったものの先月比の約2倍となる15万8600件を記録しています。

    MNPではauが9万5300件を記録し、1年間連続でトップをキープしました。MNPの9万件超えはiMessageやFacetimeなどソフトバンクのiPhoneと同等の機能を提供した3月以来の記録となっています。

    auの大幅な転入超過により、ドコモが9万5200件の転出超過、同じiPhone5を販売したソフトバンクもドコモが大幅な転出を記録したにも関わらず、1200件程度の転入にとどまっています。

    以前お伝えしたとおり、auはソフトバンクモバイルからの転入cが前月より3倍になったことを明らかにしていることから、ドコモからソフトバンクへの一定の転入はあったものの、ソフトバンクからauへの転出件数も多かったことがわかります。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー