bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ソフトバンク
  • ソフトバンク、スプリント・ネクステルの買収を正式に発表。世界第3位のキャリアに。

  • 12日にソフトバンクがアメリカの携帯電話市場に3位のシェアを誇るスプリント・ネクステルを買収するという噂が報道されましたが、昨日正式に両社より買収が決まったことが発表されました。
    ソフトバンクは15日に緊急の記者会見を開き、スプリント・ネクステルを買収することで合意したと発表しました。ソフトバンクがスプリント・ネクステルの株式を70%取得する形での買収となり、買収額は総額1兆5709億円にもおよびます。


    スプリント・ネクステルの買収報道に伴い、ソフトバンクの株価は急落。緊急記者会見が決まったあとも株価の急落は止まりませんでした。原因は約1.5兆円にもおよぶ大型買収による影響、さらに買収先が経営不振と言われるスプリント・ネクステルであることですが、会見で孫正義氏は、スプリント・ネクステルは既に回復の兆しを見せていることやボーダフォンの買収時よりもリスクは低いことを強調しました。


    買収に伴い、ソフトバンクグループとしての契約者件数は約9600万件となり国内シェアトップのNTTドコモの約6000万件を大きく上回り、一気に世界3位の契約件数を持つキャリアとなります。売上高は約6.3兆円にも及ぶとのこと。


    また、買収に伴いスマートフォンやLTEの戦略で両社に良い影響を与えられるとしました。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ソフトバンクの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー