bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • W41K,W41SAの電池パックが膨らむ恐れ
  • W41K,W41SAの電池パックが膨らむ恐れ
    KDDIは、au06年春モデルの京セラ製「W41K」と三洋電機製の「W41SA」の電池パックが膨らむ恐れがあると発表した。

    2月25日の時点で、W41Kは21万4683台、W41SAは42万1207台が出荷済みとされている。
    両モデルは、端末を操作しながら充電すると電池パックの劣化が比較的早まり、電池持ちが悪くなったり、電池パックが膨んだりする。なお、電池パック破裂の恐れはないとしている。

    対応として、KDDIは、3月2日からケータイアップデートで改修済みのソフトウェアを配信し、該当するユーザーには書面で通知する。


    なお、既に膨らんだ電池パックの無償交換については発表されていない。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー