bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • ドコモ、P903iの3つの不具合に対応。
  • ドコモ、P903iの3つの不具合に対応。
    NTTドコモは、パナソニック・モバイルコミュニケーションズ製のFOMA端末である「P903i」において、メールの自動振り分け機能などの3点に関する不具合を発表し、ソフトウェアアップデートの提供を開始した。
    1.メールを自動的に指定のフォルダに保存する「自動振分け設定」において、送受信BOXに追加したフォルダの削除を行った後に「再振分け」を実行すると、「エラーが発生しました / メールを終了します」とポップアップが表示され待受画面に戻る場合がある。

    2.電話帳登録などで「穂」を入力した場合や、「穂」が含まれているサイトなどを表示した場合、「恵」の右肩部分に「`」が付いた字が表示される。

    3.電話着信時などに着信メロディが停止した後は全てのボタンのバックライトが点灯するが、バイブレータの設定を「メロディ連動」にした場合、着信メロディ停止後に「開始ボタン/ハンズフリーボタン」、「クリア/iチャネル対応ボタン」、「電源/終了ボタン」より下にあるボタンのバックライトが点灯しない場合がある。
    注意:バイブレータ設定の「メロディ連動」に対応していないメロディの場合には本事象は発生しない。


    上記3点の不具合の解消の他にもより快適に「P903i」が使えるような更新も含まれる。
    ソフトウェアの更新時間は約22分程度。更新の間は、携帯電話を利用できない。

    アップデートの方法は「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」から行える。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    1件のコメント
    • スーパーサイヤ人
      No.934

      NTT ドコモ、スタンドタイプの FOMA 向け室内用補助アンテナを発売

      NTT ドコモグループ9社は、2007年2月28日、室内など電波の不安定な場所で FOMA 電話機を利用する際に、電波状態のよい場所にアンテナを設置し FOMA 電話機本体と接続することで、良好な電波状態を引き込むことができる「FOMA 室内用補助アンテナ(スタンドタイプ)」を、同

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー