bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • au
  • au Wi-Fiにパスワードはない!設定方法と使い方〜iPhone編〜
  • au Wi-Fiにパスワードはない!設定方法と使い方〜iPhone編〜

    auのiPhoneでは喫茶店やカフェなどの外出先で「au Wi-Fi SPOT」と呼ばれるWi-Fi(無線LAN)を利用することができます。

    ただ、いざ利用しようとするとWi-Fi名(SSID)がいっぱい表示されて、さらに「au Wi-Fi」というSSIDが使えないというなんともわかりづらい仕様になっています。

    僕もそうなんですが「au Wi-Fi」に接続しようとしてパスワードを聞かれ、パスワードがわからず断念した人が数多くいるのではないでしょうか。僕もその1人です・・・。

    ということで今回はau Wi-Fiに接続する方法を画像付きで詳しく解説します!

    iPhone/iPadで利用できる「au Wi-Fi SPOT」

    街中でWi-Fiをオンにすると、au_Wi-FiやWi2premium_clubといったネットワーク名を見たこともあると思いますが、これらはすべて「au Wi-Fi SPOT」として提供されているものです。ただし、一部のネットワークはiPhoneでは利用できません。

    それぞれのネットワークについては以下の表を参考にしてください。

    暗号化セキュリティ備考
    au_Wi-Fi暗号化あり
    WPA2
    iOS 9未満のiPhone/iPadは利用不可
    au_Wi-Fi2暗号化あり
    WPA2エンタープライズ
    自動接続
    Wi2premium_club暗号化あり
    WPA2
    利用にはプロファイルのインストールが必要
    Wi2_club暗号化あり
    WPA2
    UQ_Wi-Fi暗号化あり
    WEP
    Wi2premium暗号化なし
    Wi2暗号化なし×
    wifi_square暗号化なし×

    なお、「au_Wi-Fi2」以外のネットワークを利用するにはプロファイルのインストールが必要です(導入手順は記事の続きで紹介しています)。また、iPhone 5以降のiPhone/iPadは「au_Wi-Fi2」に自動的に接続する仕様で、データ通信端末や4G LTE対応PCではau_Wi-Fi2以外のネットワークは利用できません。

    iOS 9以降のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    iOS 9以降のiPhone/iPadの場合は専用のアプリをダウンロードしてから「プロファイル」と言われる設定情報をインストールする必要があります。

    AppStoreにアクセスして専用アプリ「au Wi-Fi接続ツール」をダウンロードしましょう。以下のボタンからアプリをAppStoreにアクセスできます。

    au Wi-Fi接続ツール

    アプリをダウンロードしたら通知の許可と確認事項の画面が表示されるので「許可する」と「同意する」をタップします。メイン画面が表示されたら「au Wi-Fi SPOTの利用設定」を選択してau IDにログインします。ログイン後に表示される「プロファイルインストール」をタップします。

    iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    プロファイルのインストール画面が表示されたら画面右上の「インストール」をタップします。パスコードを入力して画面右上の「インストール」をタップすると、プロファイルのインストールが完了します。これで、au Wi-Fi SPOTを利用する準備が完了します。

    iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    iOS 8以前のiPhone/iPadの場合は「プロファイル」と言われる設定情報をダウンロードする必要があります。

    プロファイルはauの公式サイトで配信されています。こちらのリンクをタップします。

    リンクをタップしたら「プロファイルのインストールへ」をタップします。利用規約が表示されるので「同意する」を選択すると、プロファイルのダウンロードが始まります。

    iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    画面右上の「インストール」をタップします。パスコードを入力して画面右上の「インストール」をタップすると、プロファイルのインストールが完了します。これで、au Wi-Fi SPOTを利用する準備が完了します。

    iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    au Wi-Fi SPOTの使い方、接続方法

    プロファイルをインストールしたら「au Wi-Fi SPOT」に接続してみましょう。

    設定からWi-Fiに進んでWi-Fiのスイッチをオンにしたら、au_Wi-Fi/au _Wi-Fi2、Wi2premium_club/Wi2_club/UQ_Wi-Fi/Wi2premium/Wi2/wifi_squareのいずれかを選択します。なお、iOS 9未満のiPhone/iPadではau_Wi-Fiは利用できません。

    iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する iOS 8以前のiPhone/iPadで「au Wi-Fi SPOT」を利用する

    これでau Wi-Fi SPOTへの接続が可能です。ネットワーク名(SSID)の横に表示されているカギのアイコンは通信内容が暗号化されているという意味でパスワードが必要というわけではありません。

    パスワードは事前にダウンロードしたプロファイルに記述されているためパスワードは不要というわけです。

    なお、暗号化されていないWi-Fiに接続すると、通信内容が漏れて入力したクレジットカードの情報やパスワード、IDなどが盗聴される可能性があります。

    au Wi-Fi SPOTの通信速度

    「Wi2premium_club」と「Wi2premium」で計測した結果がこちら。

    au Wi-Fiのプロファイルをダウンロードする:計測結果

    au Wi-Fi SPOTの通信速度は高速と言えず、特に店舗が混み合う時間帯では遅くなります。それでも遅すぎて待ってられないというほどではありません。なんといっても無料ですし、4G LTE対応のiPhoneの場合はデータ通信量が7GBを超えると、月末まで速度制限がかかってしまうのでau Wi-Fi SPOTを積極的に活用してデータ通信量を節約するのがオススメです。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!
    1件のコメント
    • Anonymous
      No.48836

      au Wi-Fi SPOTに行ったら、自動的につながるもんじゃないの?

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    auの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー