bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • ウィルコム、PHSの利用可能エリアを拡大。
  • ウィルコム、PHSの利用可能エリアを拡大。
    ウィルコムとジュピターテレコムは、ケーブルテレビネットワークとPHS端末を連携させる実証実験を行い、成功したと発表。
    これにより、山間部やビル陰などの電波が遮断されたエリアでもPHSの利用が可能になる。
    J:COMのサービスエリア内に試作基地局10台を設置した限定的なサービスエリアを構築し、エリア内におけるPHS端末からの発着信の接続率や通話品質、データ通信速度の検証を実施した結果、瞬時のハンドオーバー処理や99%以上の接続率、300kbps以上のデータ通信速度の確保など、現在提供中のPHSサービスと同等の品質を得られることが確認できたという。

    CATVネットワークとPHSを連携させるために以下の大きく3つの技術開発を行った。

    (1)ケーブルテレビネットワークに影響を与えない新たなモバイル信号制御の開発
    (2)ケーブルテレビネットワークの信号から同期をとるためのクロック信号を抽出し、基地局間の送信タイミングの同期を確保するための開発(3)性能を検証するための試作基地局の開発

    今後、ウィルコムはNICTやJ:COMと商用化に向けた検討を進めるが、商用化の時期については未定と発表している。(引用元:ITmedia +D モバイル
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー