bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-08-10 07:30:00
  • トップページ
  • ニュース
  • ASUS、「Windows RTは失敗だった」ータブレットの開発から撤退へ
  • ASUS、「Windows RTは失敗だった」ータブレットの開発から撤退へ
    Photo By IntelFreePress
    マイクロソフトが開発したタブレット向けのOS「Windows RT」、代表作はマイクロソフトが開発した「Surface RT」で、先日よりiPadから乗り換えた場合に最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを展開するなどなかなか苦戦を強いられているようです。

    そんななか、ASUSがWindows RTを搭載したタブレットの開発から手を引くことを決めたようです。

    ASUSのCEOが「業界全体がWindows RTは失敗作と評価している」とコメント

    ウォールストリートジャーナルによると、ASUSのCEOであるJerry Chen氏が「我々も含めた業界全体はWindows RTは失敗だったと評価している」とコメントし、Windows RTを搭載するタブレットの開発から撤退する意向を示したようです。
    “It’s not only our opinion, the industry sentiment is also that Windows RT has not been successful,” Asustek Chief Executive Jerry Shen told The Wall Street Journal on the sidelines of its post-earnings conference.

    引用元:Asustek Pulls Plug on Windows RT Tablet – WSJ.com

    Windows RTと同じタイミングで発表されたWindows 8 Proではこれまでに開発されてきたPC向けのアプリケーションをそのまま利用することができ、同OSを搭載したタブレットである「Surface Pro」は1台でPCにもタブレットにもなるデュアルデバイスとして注目され、今後も期待できる製品がリリースされると思いますが、「Surface RT」はPC向けのアプリケーションをサポートしておらず、アプリが圧倒的に不足している状況です。

    発表時も否定的の意見が多く、製品化されてからもその評価は変わらないままですからASUSのように開発を取りやめるメーカーが出てきてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー