bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 携帯電話バーコード決済サービス「モバイルレジ」
  • 携帯電話バーコード決済サービス「モバイルレジ」
    NTTデータは、1月29日からみずほ銀行、カタログハウス、トランスファーネットと試行サービスを実施してきた携帯電話バーコード決済サービス「モバイルレジ」について4月2日から金雪間及び収納期間を大幅に拡大すると発表。
    モバイルレジは、各種請求書に印刷されたバーコードをカメラで読み取ることにより、その場でペイジーによる支払いを可能にするもの。

    利用者は、金融機関が指定するサービス時間内であれば時間や場所を選ばずに支払い処理を行える。

    4月以降の収納機関はカタログハウス、トランスファーネット、みずほファクターなど約300社、NTTドコモ、セシールなど。金融機関としては三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、イーバンク銀行などが参加する予定。


    上の方で出てきたペイジーについて少し解説したいと思います。
    ペイジーとは、これまで、請求書や納付書と現金を持って金融機関やコンビニの窓口で支払っていた、公共料金、携帯電話料金、自動車税、国民年金保険料やインターネットショッピングの購入代金などを、
    金融機関のインターネットバンキング、モバイルバンキングやATMから「いつでも・どこでも・かんたんに」支払えるようにするサービスです。現在ペイジーを利用できる機関として全国の信用金庫などがあります。(引用元:ペイジーとは
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー