2014-06-05 13:43:21
  • トップページ
  • ソフトバンク
  • 【速報】ソフトバンク、世界初の感情を持ったロボット「pepper(ペッパー)」を一般向けに販売へ!
  • 【速報】ソフトバンク、世界初の感情を持ったロボットを一般向けに販売へ!
    ソフトバンクが現在開催中の発表会にて世界初の感情を持ったロボット「pepper」を一般向けに販売することを発表しました。

    発売日は2015年2月となっており、本体価格は19万8000円と案内されています。

    人間の感情を学習し空気を読めるロボット「pepper(ペッパー)」が発表

    ソフトバンクが2015年2月に一般向けの販売を開始するロボット「pepper」は、初めて感情を持ち、理解できるロボットとなります。

    これまでのロボットやコンピューターは、高度な計算処理など物事をロジカルに考えて整理して、それを伝えるー人間の左脳の役割を持っていましたが、pepperは感情や創造性を働かせる右脳の役割まで持つとのこと。

    また、これまでのロボットは人間がプログラミングし、そのプログラムを実行するのがロボットで、成長という概念はあまり重視されていませんでしたが、pepperに人間の感情を数値化する「感情エンジン」を搭載することで、ロボットが人間の感情を学習し、日々成長するロボットになります。


    さらに、pepperが学習した感情は「クラウドAI」によってクラウドに保存され、他のpepperにも共有されることでpepperが持つ人間の感情は加速度的に成長するとのこと。


    発表会見では孫社長とのスムーズな会話のやりとりも行われ、


    「pepper」の具体的な利用シーンとして、空気を読んで子どもをあやすベビーシッターや空気を読んでパーティーを盛り上げるパーティプロモーターが紹介されました。


    ロボラップも披露できるとのこと


    「pepper」は早速、明日よりソフトバンク銀座とソフトバンク表参道にて展示され、コミュニケーションをとることもできるようです。また、pepperの展示店舗は今後全国のショップにも拡大されます。


    質疑応答:クラウドの利用料金はかかるのか?

    会見の最後には質疑応答が行われました。
    Q.会見で行われたデモは元々プログラムされていたものか?
    A.なめらかな会話はアプリ(シナリオ)によるもの。ただ、pepperは人が何を喋ったのか、人間の感情を読み取って表現している。既に感情認識エンジンが動いてる。また、明日から銀座店と表参道店で展示するが、30分に1回、アプリによって実現できる面白いショーを行う。ショーの合間には来客とのフリートークも行う。フリートークには事前のシナリオはない。咬み合わない会話もあるかと思うが、発売前の段階からクラウドAIを使ってpepperを進化させる。2015年2月までにできるだけ多くの店舗にロボットを設置し、感情を成長させたい。

    Q.値段が安い。利益はあるのか?販売価格以外の費用は?
    A.短期的な利益は考えてない。とりあえず低い値段と高い志で利益度外視で家庭に普及させることを重視した。ペットで言えばエサ代、検診代のようにハードウェアとソフトウェアの保守代がかかる。量産することでいずれ利益を出したい。

    Q.利益はどのようにあげるのか
    A.目先の利益は考えておらず、普及させることでいずれは利益を上げれればいいが、大きく稼ぐことは考えてない。色んなコンテンツ、アプリなどを提供することによって利益が出てくるかも。

    Q.クラウドの利用料金は?
    A.ある程度かかるが、これから詰めていく。

    Q.どこで販売されるのか?
    A.大半のソフトバンクショップとオンラインストア

    Q.クラウドとの通信にはなにを利用するのか
    A.Wi-Fiを用いるが、Wi-Fiが届かないところもあるため、LTEに対応させることも検討したい。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ソフトバンクの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー