2016-02-16 08:18:28
  • トップページ
  • iOS
  • アップル、iOS 9.2.2のアップデートで「1970年問題」を修正へ
  • アップル、iOSの「1970年問題」を修正する緊急アップデートを配信へ

    iPhoneやiPadの日付を1970年1月1日に変更後、端末の電源を切ると、それ以降起動しなくなる「1970年問題」の存在が明らかになりました。

    iPhoneの日付を1970年に変更するにはかなりの手間がかかり、約50年も前に日付を変更する機会もほとんどないことから、影響はそこまで大きくありませんが、「iPhoneを高速化する裏ワザ」として紹介するデマが散見されていました。

    アップルは、この問題から3日後の今日になって声明を発表し、「1970年問題」を修正するアップデートの配信予定があることを明かしています。

    1970年問題、iOSアップデートで修正へ

    アップルが公開したサポートページによると、「1970年問題」は、iPhoneなどの日付設定を1970年5月以前に手動変更することで発生するとのこと。

    また、アップルは近く配信されるソフトアップデートでこの不具合を修正することを明らかにしています。具体的な日程は明らかにしていませんが、端末が起動しなくなるという致命的な不具合であることから、早ければ今週中にも配信されるかもしれません。

    すでに、アップルは開発者・テスター向けにiOS 9.3ベータ版を配信しており、次期アップデートはiOS 9.3と予想されていましたが、緊急アップデートとしてiOS 9.2.2で配信するものと思われます(予想が外れたらごめんなさい)

    「1970年問題」の対処方法と原因

    問題の発覚当初、対処方法はないとされていましたが、現在はiPhoneのバッテリーをフル解放することで再起動が可能になるとされています。

    なお、アップルは「1970年問題」の原因を明らかにしていませんが、iOSデバイスが日付を管理するのにUNIX時間を採用していることにあるとされています。

    UNIX時間は、1970年1月1日0時0分0秒を「0」(日本では1970年1月1日9時0分0秒)とし、時間が経過すると値が増え、時間を遡ると値が減り、負の数で管理されます。

    例えば、日本時間で1970年1月1日0時0分0秒に設定した場合は、UNIX時間が持つ値が負の数になるため、エラーが発生して端末が起動しなくなるとされていましたが、アップルは1970年5月以前(〜10335600)に設定した場合も同様の問題を起きるとしていることから、UNIX時間がマイナスになること自体に問題はないようです。

    アップルが原因を明らかにしていないため、真相はわかりません。対応方法として最良なのは1970年5月以前でも問題が起きないことですが、手っ取り早いのは1970年6月以降にしか設定できないように制限をかけてしまうことです。そのように制限をかけても大した問題はないでしょう。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOSの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー