2016-02-12 17:56:29
  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • iPhoneの日付変更で高速化する裏ワザ→実行すると起動不可能に
  • iPhoneの日付変更で高速化する裏ワザ→実行すると起動不可能に

    iPhoneの日付を1970年1月1日に変更してから再起動すると、iPhoneが起動しなくなる不具合が発見され、世界中で大きな話題になっています。

    Twitterでは、日付を変更するとiPhoneが軽くなる・高速化するとの悪質なデマも投稿されているため、注意が必要です。

    iPhoneの日付変更で起動不可能に

    Redditの投稿によると、iOS 8またはiOS 9のiPhoneまたはiPadで日付を1970年1月1日に変更してから再起動すると、iPhoneが起動しなくなるとのこと。


    この不具合は、64bitのプロセッサ――A7/A7X/A8/A8X/A9/A9Xを搭載しているデバイスで問題が発生するとのことで、以下の12機種が対象になります。

    • iPhone 5s
    • iPhone 6 / 6 Plus
    • iPhone 6s / 6s Plus
    • iPad mini 2 / 3 / 4
    • iPad Air / Air2
    • iPad Pro
    • iPod touch 6th

    対処方法

    対処方法として、DFUモードやリカバリモードは有効ではありません。Redditでは、5時間(グリニッジ標準時との差、日本ではおそらく9時間)待つだけで起動したり、バッテリー残量の完全解放、SIMカードの入れ替えで起動したとの報告が上がっています。

    それでも起動しない場合は、Apple Storeのジーニアスバーに持ち込む必要があります。報告によると、Apple Storeでは当事象を信じてもらえず、スタッフが自ら再現し、iPhoneが再起動不能になってようやく信じてもらえたようです。

    UNIX時間が起動不可の原因

    iOSはUNIX系統のOSであることから、時刻表現にはUNIX時間が使用されています。

    UNIX時間は内部で「XXXX年XX月XX日」という形式で時間を管理しているわけではなく、1970年1月1日を「0」とし、経過秒数を加算・減算して管理・保持しています。例えば、2016/02/12 00:00:00なら「1455202800」となります。

    iOSでは、このUNIX時間を割ることによって「XXXX年XX月XX日」というフォーマットで画面上に表示していますが、1970年1月1日が「0」であるため、「0」を割ろうとしてエラーが発生し、iPhoneが再起動不能になる原因とされています。

    So therefore changing the date to 1st Jan 1970 would set this Unix Time to a value of ‘0’. Now, the bricking could be caused by the fact that iOS is dividing by this value to calculate the time and date and we all know that diving by 0 = RIP, it will cause a fault in the kernel which will make the device unable to boot.

    引用元:1st Jan 1970 iOS bug – LFCameron7’s Blog
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー