bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • Apple Watch
  • アップル、watchOS 3.1.1の配信中止。アップデートで文鎮化、修理が必要に
  • アップル、watchOS 3.1.1の配信中止。アップデートで文鎮化、修理が必要に

    アップルが、12月13日にリリースした「watchOS 3.1.1」を取り下げたことが明らかになりました。

    アップデート取り下げの原因はアップデート中に赤いビックリマーク(感嘆符)が表示され、全く動作しなくなる「文鎮化」するとの報告があるためと考えられます。

    アップル、「watchOS 3.1.1」の配信中止

    MacRumorsによると、アップルが「watchOS 3.1.1」の配信を一時的に中止したとのこと。手元のApple Watchでもアップデートファイルを削除すると、watchOS 3.1.1がダウンロードできなくなったことを確認しています。

    Following complaints that the new watchOS 3.1.1 update is bricking some Series 2 Apple Watch models, Apple has temporarily pulled the update.

    「watchOS 3.1.1」の配信後、ユーザーからアップデート中にフリーズしたため、再起動したところ赤いビックリマークが表示されて動作しなくなる、いわゆる「文鎮化」したとの報告が確認されていました。文鎮化したApple Watchを自力で復旧することはできず、Appleに修理を依頼することになります。

    アップル、「watchOS 3.1.1」の配信中止

    アップデート後に表示される赤いビックリマーク

    同様の報告は「Apple Watch Series 2」に限定されていると報じられていますが、報告がないだけで他のモデルでも発生している可能性があります。実際のところ初代モデルのApple Watch向けのアップデートも配信停止となっています。

    watchOS 3.1.1のアップデートファイルを削除する方法

    「watchOS 3.1.1」は自動的にダウンロードされるため、既にiPhoneにダウンロードされている場合はApple Watchにインストールできてしまいます。

    誤ってアップデートを適用して文鎮化する可能性があるため、iPhoneから削除することをオススメします。

    アップデートファイルを削除するには、「Watch」アプリを開いて「一般」→「使用状況」に進んで「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

    watchOS 3.1.1のアップデートファイルを削除する方法 watchOS 3.1.1のアップデートファイルを削除する方法 watchOS 3.1.1のアップデートファイルを削除する方法

    赤文字の「削除」をタップしたあと、さらに「削除」を選択するとアップデートファイルを削除できます。

    watchOS 3.1.1のアップデートファイルを削除する方法 watchOS 3.1.1のアップデートファイルを削除する方法
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Apple Watchの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー