2016-01-30 11:32:16
  • トップページ
  • au
  • NTTドコモ
  • ソフトバンク
  • auとソフトバンクも2月1日から「実質0円」廃止か
  • auとソフトバンクも2月1日から「実質0円」廃止か

    ドコモは2月1日から「実質0円」の販売をやめることを昨日開催した決算説明会で明言しました。auとソフトバンクについては対応方針を明らかにしていないものの、ドコモと同じく2月1日から廃止するようです。

    毎月割・月月割と、のりかえ割を減額か

    産経新聞によると、携帯3社は携帯料金値下げに関する報告書を総務省に提出し、「毎月割」「月月割」の割引額を減らし、MNP利用者への行き過ぎた割引を抑えることを明記したとのこと。

    報告書の内容は非公開だが、各社とも端末購入費用を毎月補助する割引額を減らすことを中心に、番号持ち運び制度(MNP)利用者への行き過ぎた端末購入補助を抑制することを明記。ただ、具体的な減額幅などは示さなかったとみられる。

    引用元:「0円端末」月内終了 携帯3社、総務省に報告書(1/2ページ) – 産経ニュース

    さらに、1月29日放送分のワールド・ビジネス・サテライトも、auが2月1日から過剰なのりかえ(MNP)の特典を是正する方針を明らかにしたと伝え、ドコモとauの営業担当から1月いっぱいで実質0円販売をやめるよう販売代理店に通告があり、ソフトバンクからも同様の通告があったとも報じました。

    なお、ソフトバンクについては、1月29日の時点でアフィリエイトの提供者に対し「2016年2月1日より、(ソフトバンクオンラインショップの)一部端末の価格変更予定となります。」と案内しており、価格、実質負担額、キャッシュバックの表記があるバナーを外すよう求めています。

    auとソフトバンク、長期契約者の割引は?

    ドコモは型落ちの機種も含めて実質0円を廃止にするほか、長期契約者向けの割引が適用できる新プランの導入、更新月の延長、料金の安い純音声通話定額プランと低容量のデータプランの組み合わせが可能になることを発表しました。

    一方、auとソフトバンクについては、実質0円の廃止に型落ちの機種も含めるのか不明。長期契約者向けの割引や、更新月の延長、純音声通話定額プランと低容量のデータプランの組み合わせの対応方針も明らかにしていません。

    両社はデータ通信量の付与や、ポイント還元で長期契約者向けの優遇特典を提供しているものの、割引はドコモのみが提供しています。

    auは2月3日にキッズ向けの新商品発表会、2月9日に決算会見を開催する予定。何らかの発表があるかもしれません。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ソフトバンクの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー