bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-01-28 04:04:54
  • トップページ
  • iOS
  • 速報:アップル、iOS 8.1.3をリリース――アップデートに必要な容量を低減
  • 速報:アップル、iOS 8.1.3をリリース――アップデートに必要な容量を低減

    アップルがiOS 8.1.3をリリースしました!

    iOS 8.1.3のアップデート内容

    iOS 8.1.3では、以下のアップデートが行われています。

    • ソフトウェア・アップデートの実行に必要なストレージ容量を低減
    • 一部のユーザが「メッセージ」および「FaceTime」のApple IDパスワードを入力できない問題を修正
    • SpotlightでAppの結果が表示されない問題に対処
    • iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
    • 統一学力テスト用の構成オプションを追加
    • セキュリティアップデート

    アップデートに必要な空き容量の低減を実施、iOS 8のアップデート率の向上に繋がるか

    昨年9月にリリースされたiOS 8ですが、アップルが公開している最新のiOS 8のシェアは69%となっています。10人中6人強が最新のOSを使っているというのは他のOSに比べれば、驚異的な数値だと思うのですが、問題とされているのはiOS 8の伸び方です。

    iOS 8のシェアは69%

    なんと、2014年12月のiOS 8のシェアは63%で、1ヶ月でたったの6%しか伸びていません。

    iOS 8にアップデートしない原因はいくつか考えられますが、「iOS 8のシェアが伸び悩む」という記事がYahoo!ニュースにあがるとその記事のコメント欄には「iOS 8の容量が大きくてアップデートできない」と書き込まれているのをよく目にします。

    それもそのはずで、iOS 7からiOS 8にアップデートする際に必要な空き容量は約1GBとなっています。128GBや64GBモデルのiPhoneやiPadを利用している人にとっては難しい問題ではないかもしれませんが、16GBモデルを使っているユーザーにとっては、全体の1/16以上の容量を削減するのは大変だということでしょう。削除した写真はもう戻ってきませんしね。

    そこで今回、アップルはiOS 8.1.3で必要なストレージ容量を低減を実施。手元のiOS 7をインストールしたiPadでアップデート容量を確認してみたところ、容量は約700MBと表記されていました。たかが300MB、されど300MBです。写真なら約100枚分ぐらいでしょうか

    iOS 7からiOS 8.1.3にアップデートするために必要な容量は700MB

    次回のiOSのバージョンシェア発表時にどれぐらいiOS 8の数値が伸びてくるのか注目したいと思います。

    ▼ちなみに、iTunes経由でアップデートすれば、一切写真や動画、音楽などを削除することなくアップデートができますよ。また、万が一、最新版にアップデートしたことで不具合が起きても元に戻すことができるのでオススメです。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOSの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー