820P – 使いやすさを追求。

bio
Yusuke Sakakura

820P – 使いやすさを追求。


「820P」は、押しやすいテンキーなどを採用することで使いやすさを追求した端末となっています。

「MIRROR 821P」との姉妹機。薄さ15.2mmのボディには、おなじみのワンプッシュボタンや押しやすいドーム型のテンキーを採用。
メインディスプレイには、2.8インチ、WQVGA(240×400ドット)表示対応のディスプレイを搭載しています。

Bluetoothに対応していますが、HSDPAやおサイフケータイには非対応となっています。

ソフトバンク向け端末のパナソニックのやる気のなさが露呈したようなモデル。

820Pのスペック

■サイズ
・50×104×15.2mm

■重さ
・約108g

■メインディスプレイ
・2.8インチ
・WQVGA(240×400ドット)
・約26万色

■サブディスプレイ
・約0.77インチ有機EL

■メインカメラ
・有効約200万画素CMOSカメラ
・オートフォーカス付き

■サブカメラ
・有効約31万画素CMOSカメラ

■連続待ち受け時間
・W-CDMA:約400時間
・GSM:約300時間

■連続通話時間
・W-CDMA:約200分
・GSM:約200分
■外部メモリ
・microSD

■ボディカラー
・ホワイト
・シルバー
・ブラック
・レッド
・ピンク
・ターコイズ

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています