ソフトバンク、Windows Mobile 6搭載の「X01T」を発売。

bio
Yusuke Sakakura

ソフトバンク、Windows Mobile 6搭載の「X01T」を発売。


ソフトバンクモバイルがWindows Mobile 6を搭載した東芝製のスマートフォンである「X01T」を12月8日(土)に発売すると発表しました。

「X01T」は、3.0インチのWVGA表示対応(480×800ドット)のタッチスクリーンに対応したメインディスプレイやQWERTY配列のフルキーボードを搭載し、HSDPAやGSM、無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth、赤外線通信をサポート。

夏モデルとして発表され、やっと発売。

■サイズ
・約61×119×21.5mm

■重さ
・約198g

■メインディスプレイ
・3.0インチ
・WVGA表示対応
・タッチスクリーン

■メインカメラ
・有効約197万画素CMOSカメラ

■連続待ち受け時間
・約380時間(W-CDMA)
・約300時間(GSM)

■連続通話時間
・約170分(W-CDMA)
・約220分(GSM)

■OS
・Microsoft Windows Mobile 6.0 Professional Edition 日本語版

■プリセットアプリケーション
・Internet Explorer Mobile
・Outlook Mobile
・Office Mobile
・Windows Media Player 10 Mobile
・Opera Mobile
・Picsel Viewerなど

■ボディカラー
・ブラック
・ホワイト

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています