au、「W54S」「W54SA」「W56T」に不具合発生。

bio
Yusuke Sakakura

au、「W54S」「W54SA」「W56T」に不具合発生。


auは、新プラットフォーム「KCP+」を搭載したソニー・エリクソン製の「W54S」と三洋電機製の「W54SA」、東芝製の「W56T」に不具合が発生したと発表しました。発生した不具合の改善策としてauはソフトウェア更新で対応し、更新サービスの提供を開始しました。

auが発表した不具合は全部で6種類となっています。

なんと6種類もの不具合が発覚!

「W54S」「W54SA」「W56T」の不具合。

1.おサイフケータイ関連。
アプリケーションの起動方法やサービスの利用に制限がかかる。

2.PCサイトビューアー関連。
テキストボックスに入力した文字列が反映されない場合がある。データの消失は無し。

「W54S」「W56T」の不具合。

1.Cメール関連。
受信または送信件数が1000件になると電源のリセットが繰り返される。

2.EZwebでの通信関連。
圏外から圏内に移動した場合にうまく接続できない場合がある。

3.文字入力関連
単語登録や絵文字パレットを開くと、端末がリセットする場合がある。

「W54SA」の不具合。

1.フリーズ。
Cメールの本文をスムースタッチで入力またはmicroSDカードのデータフォルダにアクセスし、サムネイル画面でサブメニューキーを押した場合に発生。

auは「KCP+」の投入時期を完全に見誤いましたね・・・。

W54S – 2.8インチ有機ELディスプレイ搭載
http://mobilelaby.com/blog-entry-1001.html
W54SA – ワンセグしながらネットが楽しめる
http://mobilelaby.com/blog-entry-999.html
W56T – 有機ELディスプレイとリバーシブルスタイルを採用。
http://mobilelaby.com/blog-entry-1003.html

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています