bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンクモバイルがAndroidケータイを発売か。

ソフトバンク
ソフトバンクモバイルがAndroidケータイを発売か。
携帯端末向けソフトウェアプラットフォームの開発を促進する団体「Open Handset Alliance」(OHA)に新たにソフトバンクモバイルやソニー・エリクソン、東芝など14社が参加したことが明らかになりました。

OHAは、GoogleやT-mobile、クアルコムなど34社が設立した団体で最近ではGoogleが開発した携帯端末向けOS「Android」の企画提案を推進しています。

NTTドコモやauは設立時に参加しています。

Open Handset Alliance
OHAにソニー・エリクソンや東芝、ソフトバンクなどが参加

今回、OHAに参加することになった企業は、AKM Semiconductor、ARM、ASUSTek Computer、Atheros Communications、Borqs、Ericsson、Garmin International、Huawei Technologies、オムロンソフトウェア、ソフトバンクモバイル、ソニー・エリクソン、Teleca AB、東芝、ボーダフォンの14社。

国内の携帯電話キャリアでは、OHA設立時に参加していたNTTドコモとauにソフトバンクモバイルが加わったことにより主要3キャリアがOHAに参画することになりました。

NTTドコモでは、2009年にAndroidケータイを発表・発売することを明らかにしていますが、ソフトバンクモバイルは「現時点では、まだAndroid搭載端末の発売といった発表はないが、将来的に重要なプラットフォームに発展していく可能性があり、OHAへの参加によってプラットフォーム発展に寄与したい」とコメントしており、早いうちのリリースはないものの将来的には発売する可能性があるようです。

ちなみに、携帯端末製造メーカー世界最大手のNokiaや、米携帯電話事業者のVerizon、iPhoneをアメリカでの販売を手がけるAT&TなどはOHAに参加していません。

ちょっと仕組みがわかりませんが、OHAに参加していなければAndroidケータイを発売することが出来ないのでしょうか?

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Kindleセール情報

2019/02/23
実質40%オフ、Kindleストアで「芥川賞・直木賞 受賞作&候補作フェア」が開催中

Kindleセール情報

2019/02/23
Kindleストアで「東洋経済 ビジネス書フェア」が開催中

Kindleセール情報

2019/02/23
実質半額の大規模セール、Kindleストアで講談社キャンペーンが開催中

Xperiaの噂・最新情報

2019/02/23
「Xperia 1」の発売日・価格・スペックが明らかに
Recommendこんな記事も読まれています