LTEは2~3社割り当てから4社割り当てに変更。

bio
Yusuke Sakakura

LTEは2~3社割り当てから4社割り当てに変更。


第3.9世代の周波数の割り当てにおける当初の計画が変更されることが決まったようです。

変更の内容としては、第3.9世代の周波数を2~3社に割り当てるというものを、割り当てる社数を増やして4社に割り当てるというもの。

LTEは、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが採用を予定しています。

3.9G次世代ケータイ、参入意向の4社に周波数の割り当てへ:モバイルチャンネル – CNET Japan

2010年にも商用サービスが始める第3.9世代携帯電話の周波数の割り当てを当初の計画から変更することが決まったとのこと。

当初の計画では第3.9世代の周波数の割り当ては2~3社となっていましたが、採用を予定しているキャリアがNTTドコモやau、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルと4社であることから割り当て可能なキャリア数を増やして4社全ての参入を可能にするようです。

個人的にはモバイルWiMAXの様な酷い争いは見たくないので良かったです^^;

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています