bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、初スマートフォン「E30HT」を5月に発売。対応プランも発表。

au

au、初スマートフォン「E30HT」を5月に発売。対応プランも発表。


auは同キャリア初となるHTC製のWindows Mobileを搭載したスマートフォン「E30HT」を5月に発売すると発表しました。また、「E30HT」で使用することができるプランなども同時に発表しました。

「E30HT」は、Windows Mobile 6.1を搭載したスマートフォン。NTTドコモやソフトバンクモバイル、イー・モバイルで発売されている「Touch Pro」がベースとなっており、機能は同等のものとなっています。

他キャリアで販売されている「Touch Pro」と異なるのは背面の形状がダイヤモンドカットではなくフラットなものになるなど。

「au by KDDI」のロゴがで、でかい・・・。

au初のスマートフォン「E30HT」は5月発売、定額でのモバイルルーター機能も – ITmedia +D モバイル

auは、Windows MobileをOSに採用したHTC製のスマートフォン「E30HT」を5月に発売すると発表しました。

「E30HT」は、Windows Mobile 6.1を搭載し、QWERTYキーボードやメインディスプレイに2.8インチのタッチパネルを採用しています。

「E30HT」で使用できる料金プランは「シンプルコース」または「フルサポート」からセレクトします。
パケット通信料金は、「ダブル定額」や「ダブル定額ライト」などの定額サービスが利用可能。定額サービスを利用した場合の上限額は5985円、PCに接続しモデムとして使用した場合の上限額は1万3650円となります。

また、「E30HT」にはインターネット接続サービス「au.NET」またPacketWIN対応プロバイダを利用することができます。
「au.NET」は、「PacketWIN/PacketOne」に対応した端末をパソコンに接続することでインターネットに接続するサービスで月額利用料金として945円支払う必要があります。
auが5月から提供する「au.NETビジネス割引」では、同一名義でauの携帯電話を30回線以上契約すると月額315円で「au.NET」を利用することができます。

ちなみに「E30HT」は法人向けの端末となっていますが、一般向けにも販売される予定となっています。販売方式としてはauショップなどのau取扱店で購入することができますが、その場で購入できるか取り寄せになるかは検討中となっています。

E30HTのスペック。
■サイズ
・約52×106×18mm

■重さ
・約154g

■メインディスプレイ
・2.8インチ
・VGA(640×480ドット)表示対応
・TFT液晶

■サブディスプレイ
・-

■メインカメラ
・有効約320万画素CMOSカメラ
・オートフォーカス対応

■サブカメラ
・有効約30万画素CMOSカメラ

■連続待ち受け時間
・約330時間

■連続通話時間
・約260分

■外部メモリ
・microSDHC(最大8GB)

■OS
・Windows Mobile 6.1 Professional Edition

■備考
・EV-DO Rev.A
・無線LAN
・Bluetooth
・Office Mobile
・Touch FLO
・WALKING HOT SPOT

■ボディカラー
・ソフィスケイティッドブラック

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニンテンドースイッチ

2020/12/01
ニンテンドースイッチのスクショ(写真/動画)をスマホに送る方法

ニュース

2020/12/01
武田総務大臣、携帯の解約金について「実態を隠して国民を欺いている」

セール

2020/12/01
3ヶ月99円、激安Kindle Unlimitedキャンペーンは今日まで

NTTドコモ

2020/11/30
ドコモ、メインで携帯料金値下げへ。新ブランドも導入か
Recommendこんな記事も読まれています