bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2019年の新型iPhone、顔認証センサー統合で“切り欠き”縮小か

iPhoneの噂・最新情報

2019年のiPhoneに新型カメラ搭載。切り欠きのサイズ縮小か

「iPhone X」で採用されたベゼルレスディスプレイは高い評価を得ているが、ステータスバーを左右に分断する“切り欠き”に対する評価は低くく拒絶する声もある。

Appleはこの不満を解消すべく2019年に発売される新型iPhoneで顔認証のセンサーとカメラを統合するかもしれない。

パーセント表示のバッテリー残量、ガタツキなど多数の不満解消

“切り欠き”はスピーカーや光センサー、マイク、近接センサー、顔認証「Face ID」を実現するTrueDepthカメラが配置されている必要不可欠なエリアで完全に無くすことは不可能かもしれないが、サイズを縮小することは難しくないはずだ。

韓国のETNewsによると、Appleは新型iPhoneでフロントカメラと顔認識モジュールを統合する計画があるとのこと。iPhone Xで顔認証を実現しているTrueDepthカメラは、赤外線カメラ/投光イルミネータ/ドットプロジェクタ/フロントカメラといったパーツから構成されているがそれらを統合するという。

現在、切り欠き部分には8つものパーツが横に並んでいるが、顔認識用のモジュールがフロントカメラと統合できれば従来のiPhoneと同じ幅までコンパクト化できるかもしれない。

2019年のiPhoneに新型カメラ搭載。切り欠きのサイズ縮小か

8つのパーツから構成されるTrueDepthカメラ

切り欠き部分がコンパクト化されればステータスバーの表示領域が拡大され、バッテリーのパーセント表示も再びステータスバーに表示できるかもしれない。また、iPhone Xの背面に搭載されるダブルレンズカメラは表の切り欠き部分との干渉をさけるために縦向きに配置されて机に置いたまま使いにくくなったが、これも解消される可能性が高い。

切り欠きは元々小さいサイズだが縮小されればメリットは非常に多い。ただし、残念ながら今年発売の次期iPhoneではなく2019年に発売する新型iPhoneで実現するようだ。

顔認証「Face ID」、MacBookへの搭載は2019年に?

顔認証「Face ID」、MacBookへの搭載は2019年に?

まずはiPhone Xに搭載された顔認証「Face ID」だが、今後より多くのApple製品に搭載されていくことは間違いない。

今年発売される新型iPhoneは3モデルがラインナップされ、そのうち、iPhone X/iPhone X Plusの2機種に顔認証が搭載されると噂されている。iPadには2018年発売の新型モデルに搭載の噂もある。

一方、MacBookにはその噂がなく、MacBook Proに関しては今年大幅なアップデートが実施されないと報じられているが、ETNewsは、AppleがiPhone Xの顔認証モジュールを製造するLG Innotecに多額の投資を行うことをひとつの理由に2019年にはより多くのデバイスにFace IDが搭載されると予想している。

今年はiPhoneとiPadに、来年はMacBookに顔認証が搭載されるのかもしれない。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りの「半額サポート」を12月に見直しへ “2年後の選択肢増やす”

iPhone XS / XS Max

2018/09/21
ソフトバンク銀座で「iPhone XS」発売セレモニー開催
Recommendこんな記事も読まれています