bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型「iPhone」、2019年に“切り欠き”を完全廃止。今年は小型化か

iPhoneの噂・最新情報

新型「iPhone」、2019年に“切り欠き”を完全廃止。今年は小型化か

Photo by iDrop News

「iPhone X」に導入された“切り欠き”ディスプレイ、評判が高くないにも関わらずなぜかAndroidでは“切り欠き”フィーバーが起きているが、Appleは遠くない将来で廃止にしたいのかもしれない。

2019年の新型iPhoneは、真のフルスクリーンを実現か

韓国のETNewsが業界筋から得た情報としてAppleが“切り欠き”デザインを廃止した新しいディスプレイを準備しており、2019年に発売する新型iPhoneに採用すると報じている。

新しいディスプレイの形状やサイズ、解像度など詳しいスペックについては明らかにされていないもののフロント側が全てディスプレイになるような真のフルスクリーンを実現する可能性が高いとのこと。“切り欠き”が廃止されれば、顔認証「Face ID」やアニ文字を可能にするTrueDepthカメラの配置スペースが無くなってしまうが、2019年の新型iPhoneでも顔認証は継続される。Essential Phoneのようにカメラやセンサー用のホールを設けるか、ディスプレイのブラックマトリクス(RGB素子を囲う領域)を使用する可能性があるようだ。

8つのパーツから構成されるTrueDepthカメラ

切り欠きとTrueDepthカメラ

なお、今年発売される新型iPhoneでは、これまでの噂どおり5.85インチ/6.46インチの有機ELモデルと6.04インチの液晶モデルの3ラインナップですべてのモデルが顔認証に対応し、“切り欠き”を小型化したベゼルレスデザインを採用するとしている。

ETNewsは今年1月にもフロントカメラと顔認識モジュールを統合することで“切り欠き”の小型化を実現すると報じた。iPhone Xに搭載されているTrueDepthカメラは、赤外線カメラ/投光イルミネータ/ドットプロジェクタ/フロントカメラといったモジュールから構成されている。

ただ、先月リークされたばかりの「iPhone X Plus」の写真では“切り欠き”はそのままになっている。リークされた写真は2017年11月に試験生産されたものだが、製品版でどうなるのか非常に気になるところだ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AIスマートスピーカー

2018/08/16
LINE、ミニオン語もしゃべるスマートスピーカー「Clova Friends MINIONS」を8月21日発売

iOS

2018/08/16
またiPhoneの「AirDrop」を悪用した事件。わいせつ画像を送信した男性が書類送検

Twitterニュース

2018/08/16
Tweetbot 4 for Twitter、タイムラインのストリーミングを削除。通知は数分の遅延・無効化も

AirPods

2018/08/15
AirPods、サードパーティのワイヤレス充電マットにも対応か
Recommendこんな記事も読まれています