bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

W41SH – シャープ製初のau端末。

au
W41SH - シャープ製初のau端末。
「W41SH」は、シャープが始めてauに供給することになる端末です。
ファブリック感と金属感を組み合わせる事でデザイン性を追及している。

端末外観には、布をイメージしたファブリック加工が施され、端末を持った感触は、他の端末とは少し違っている。
折りたたみ端末としては、端末の幅が狭く、女性の手になじむサイズとなっている。

メイン・サブの両ディスプレイに、シャープの液晶テレビ「AQUOS」で採用されているASV液晶技術を応用した「モバイルASV液晶」を採用し、他のキャリアにも装備されている覗き見防止の「ベールビュー液晶」を採用している。

200万画素CMOSカメラを搭載し、外部メモリは、秋冬モデルとしては、唯一、miniSDカード(2GB)に対応。音楽機能は、LISMOに対応し連続視聴可能時間は約9時間となっている。

数字ボタン下部には「Task bar」ボタンが装備されている。このボタンは、メール作成中に音楽プレーヤーの操作や、EZweb閲覧中にスケジュールやアドレス帳が呼び出せる「Task bar」機能を呼び出すためのボタンで、音楽プレーヤーやカレンダー、メール、データフォルダ、アドレス帳などの特定の機能を呼び出せる。マルチタスク機能とは異なったものになっている。


まぁ、上手くまとまっているなといった感じでしょうか?
携帯総合研究所W41SHまとめスペック

■サイズ
・約48×102×23mm

■重さ
・約120g

■連続待ち受け時間
・約280時間

■連続通話時間
・約220分

■メインディスプレイ
・約2.6インチ
・240×400ドット

■サブディスプレイ
・1.2インチ
・128×160ドット

■メインカメラ
・有効画素数約200万画素

■サブカメラ
・-

■外部メモリ
・miniSDカード

■ボディカラー
・ルミナスピンク
・プレシャスホワイト
・ノーブルブラック
・ブリリアントレッド

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2019/10/17
ソフトバンク、2019秋冬モデルを発表。Xperia 5、2画面化スマホなど5機種

スマホアプリ

2019/10/17
ドラゴンクエストウォーク、ポケモンGOに次ぐ位置ゲーの成功作に

Pixelの噂・最新情報

2019/10/17
Pixel 4、DSDSに対応

au

2019/10/16
au、スマホ返却で機種代金の1/3が支払い不要になる「アップグレードプログラムNX」登場。DXは10月で終了
Recommendこんな記事も読まれています