W42SA – タッチキーセンサーを内蔵したコンパクト携帯

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

W42SA – タッチキーセンサーを内蔵したコンパクト携帯


「W42SA」は、薄さ19.4mmのコンパクトサイズに突起のない「スムースデザイン」を採用した三洋電機製CDMA 1X WIN端末。テンキーエリアにタッチセンサーを内蔵している。

テンキー部分は、12個のテンキーをタッチセンサーエリアとして利用できる。キー部分は突起のない大型でフラットなデザインで、指で軽くなぞるだけでタッチセンサー機能が利用できる。メール本文入力などでは、なぞった文字が推測され入力される「手書き文字入力」機能が利用可能。入力はひらがな、カタカナ、アルファベット、数字を認識できる。

音楽機能面では、LISMOに対応し、SD-Audio再生機能を搭載。声de入力・3Dナビ対応のEZナビウォークが利用でき、安心ナビ、Hello Messenger、赤外線通信、PCサイトビューアー、遠隔オートロックなどが利用できる。


コンパクトケータイながら高機能な端末ですね~。
携帯総合研究所W42SAまとめスペック

■サイズ
・約49×99×19.4mm

■重さ
・約117g

■連続待ち受け時間
・約240時間

■連続通話時間
・約200分

■メインディスプレイ
・約2.4インチ
・240×320ドット

■サブディスプレイ
・約1.0インチ
・64×96インチ

■メインカメラ
・有効画素数198万画素カメラ

■サブカメラ
・-

■外部メモリ
・microSDカード

■ボディカラー
・レガートホワイト
・カプリスピンク
・アダージョブラック
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています