ソフトバンク、12月よりパケット通信速度規制を本格導入へ

ソフトバンク

ソフトバンク、12月よりパケット通信速度規制を本格導入へ


ソフトバンクモバイルは12月1日(火)より一定期間に大量の通信を行い、パケット定額サービスを契約しているユーザーに対して通信速度規制を導入すると発表しました。

これまで6月1日~10月31日においてテストとして通信速度規制が実施されていました。

iPhoneユーザーにはちょっと厳しいかも

ソフトバンクモバイル、通信速度の制御を12月1日より実施:モバイルチャンネル – CNET Japan

通信速度規制の対象となるのはパケットし放題、パケットし放題S、パケット定額ライト、パケット定額を契約しており月間パケット数が300万パケット以上またはPCサイトブラウザ、PCサイトダイレクトを契約しており月間パケット数が1000万パケット以上を利用したユーザーとパケット定額フルにて1000万パケット以上を利用したユーザー。

通信速度規制の対象となった場合、1ヶ月間パケット定額の対象となるサービスを利用した場合に通信速度が制御されます。

以前ソフトバンクモバイルが速度規制のテストを行うと発表した時に規制の対象となる詳細を公開しなければ問題ではないかと言及しましたが、今回は詳細が公開されましたね。良い方に向かったと思います。

しかし、パケット定額フルで1000万パケットってちょっと上限低くありませんか?iPhoneユーザーはパケット定額フルを使う事になりますが、かなりのユーザーが1000万パケットを超えると思います。
単純比較はできませんが、僕のHT-03Aの8月分のパケット量は約1060万パケットでした。確かにヘビーユーザーではありますが、動画は全く落としませんし、画像もそれほどです。これを考えるとちょっと上限が低いかなーと。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2021/03/01
速報:PayPay、LINE Payの事業統合へ協議開始。22年4月に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo変更後はドコモオンラインショップで予約不可。新機種の購入困難に?

ワイモバイル

2021/03/01
ワイモバイル、3月17日からeSIM開始。最短1時間で利用可能に

NTTドコモ

2021/03/01
ahamo、公式サイトでiPhone 11など3機種を販売
Recommendこんな記事も読まれています